海外で働いてみよう!    トラジャルインターンシップ    http://www.trajal-internship.jp/ 


by intern5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

How are you ?っていう文化、日本にはないですね。お元気ですか?って、日本人が聞くときって、大体、ちょっと前まで具合が悪かった人や、お年寄りだと思うんですけど、こっちの人はコミュニケーションの一部なんですね。

とはいえ、How are you ?って聞いて、最近ちょっと腰が痛くてねー、なんていう人もおらず、大体みんなfine.と答えるので、お元気ですか、の意味とも少し違うのかもしれません。

困るのが、日本語でなんていうの?と聞かれたときです。

しかたなく、「元気ですか」と教えるんですけど、大体こっちの人が「元気ですかー?!」というと語尾を伸ばして強く発音するので、まさにアントニオ猪木そのもの(笑)普通に、元気です、と日本語で答えると、日本語の発音はフラットなので、感じ悪く聞こえたら嫌なので、「元気でーす!!」と超勢いよく答えるのですが、ますます猪木めいています。これは、グランドハイアットで働いている友人(同じくトラジャルインターンの親友)ともよく話しあったのですが、全く避けようがないのです。

おそおるべし、猪木。

その他、ガイズには、
「綺麗だよ。」「今度俺とお茶でもどう?」や、「君、かわいいね」等を自分の都合のいいように仕込んだのですが、照れもせずに毎日言うので収拾がつかなくなってきました。

この前、職場の同僚Rudyが、俺の国で流れてる日本語のCMがあると言っていたので、どんなの?と聞いたら、

「イエーイ!!北海道ー!!ばっきゃやろー!!」ってやつだよ、と。

・・・なんだそりゃー!!(笑)あり得ないだろ!!私が笑っていた所、おもしろがって何回も連呼。

と、そこに日本人ゲストが!!しかも、VIP!!

焦りましたね・・・慌てて止めましたが、一瞬ひやりとしました・・・


外国人に日本語を教える時はくれぐれもご注意を・・・。
058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-01-25 04:19

Mall of Emiratesに突入!

コンシェルジュとゲストの話をふむりふむーりと聞いていると、ショッピングセンターは常に、Mall of Emiratesを勧めてるではないですか!!

これは・・・!!突入しか無い!!行くぞ、ガイズ!!(常に道連れらしい)
今回はインドネシアンお姉様、Bonitaも道連れです。
e0162920_1564198.jpg


Mall of Emiratesはなんと、中にスキー場を含んでいると言うから驚き。昔日本にもありましたね。ザウスとか。その他、ボーリング場、遊園地、映画館を含む!みたいな。

もう、なんていうか、ドバイのショッピングセンターはどこもここも、でかすぎ!何を勧めていいのか全くわかりません。だって、どのショッピングセンターにもなんでもあるんだもん(全くリポになっていない)

ここにもカルフールが入っています。袋にグミを詰めて量り売りみたいなのが売っていたので、早速挑戦。こういうの、日本にもありますね。よく小さい頃ママンに言われた物です。

「それは割高だからダメ。買わないの。」と。

量り売りグミ!!もはや、これは、大人のロマン!!買うしか無い!!もう大人だし、それなりにお金もあるし!(グミ代を恐れない程には)恐れる物なんてないぜ、俺はやったるぜ!!と。

というわけでちょっとずつ入れて(大言吐いた割に意外と臆病・笑)これだけ買ったんですが・・・

e0162920_1573194.jpg


お値段・・・日本円にして、300円・・・

それ、高いでしょ!!!母は常に正し・・・本当に割高でした。普通のグミ買った方が安いし。ああ、ばからしい。

いつか自分も母になったら私も娘や息子に言うでしょう。

「それは高いからダメ。買わないの。」と。

きっと彼らも将来自分で買ってみてその事実に気づき孫に同じことを言うでしょう。
なんか、むしろこれ、母親っぽくて、これ、幸せな未来の幻想かも(笑)

では今日の結論を。

やっぱり君は割高だった。
(あれ?何の話だったっけ?)

058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-01-23 01:57

サッカー!!

e0162920_5543177.jpg


仕事後に、敷地内にサッカーコートでグランドハイアット対パークハイアットのサッカー試合がありました。友人が出るので応援に行きました。

ホテルの規模の問題なのか、なんだかグランド組に比べて、我がパーク組はちょっとミニな人が多くて、まるで大人対子供状態。大丈夫なのか、これは・・・潰されたりけがとかするんじゃないか・・・と思っていましたが、なかなかテクのあるプレーヤーが多くて、フェイントかけたり、立ち回りが凄くうまいんですね。

初めはハラハラしてましたが、だんだん、
「そこだ、オバマ!!やれー!!(超無責任)」
とか、絶叫してました(笑)
ちなみに本名はケニスですが、オバマ似なので、オバマです。
それぞれ応援が来てたりして、おもしろかったです。

写真は練習風景です。

e0162920_601039.jpg


ちなみに肝心の友人モーラはディフェンスなのであんまり目立っていませんでした(笑)それどころか練習中に私に手を振って、怒られていてださかったです(笑)

でも、最後は8−5でパークの勝利!!

そりゃーね、私のいるホテルですからね!えっへん!!

ちなみに、寒かったので、終わった瞬間にそそくさと帰った所が目撃されており、翌日職場で、
「なんですぐ帰っちゃったの?」って、総動員でツッコミを入れられちゃいました。何気にギャラリーを意識しているんですね(笑)
その他、
「ねえ、俺の活躍見た?」
「俺のポジションちゃんと覚えてる?」
「俺のシュート見てた?」
等聞かれまくって、なんか、みんな普段はかっちり仕事をしている、ホテルマンの先輩なのに、情けないくらい子供っぽくて、そのギャップが、うざくて可愛かったです(笑)


Chinatsuさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
[PR]
by intern5 | 2009-01-13 06:05
e0162920_6492573.jpg

先日、そんなかわいい弟分にキラキラしたおめめで聞かれたのです。

「俺たちって、千夏より料理うまいし(事実)、ギター弾いて、歌も歌えるじゃん。あと、運動神経もいいからバドミントンもできるじゃん。千夏って何が出来るの?」

!!!!

これは!!

痛い!!!(笑)

日本にいる時は、素敵な友達が多いのが自慢だったりしたけど、考えてみればそれは友達が素敵なのであって、私が素敵なわけじゃないし!!しかもどう考えてもガイズの方が友達多いし!

SEとかやってたけど、インドネシアで何か役立つのかって言われたら完全役立たずだし。英語もガイズが優。日本人だから日本語、日本食作るは当たり前だし。運動神経なんて、「マラソン大会はいつもビリ」っていう作文で市内新聞に乗っちゃったくらいの文化系ぶりだし。服作るのが得意だけど、バリニーズってセレモニーとかのために裁縫なんておちゃのこサイサイだし。読書とか、考え事とか沢山して来たけど、でも、この心の広すぎるガイズにはもはや必要ない区域だし。音楽なんて叶うわけないし。ならば・・・それならば・・・!

「絵が得意だよ。」
「ああ、あの落書きね。」
「・・・(ガビーン)」

e0162920_6511929.jpg


私・・・

私・・・

今まで知らなかったんですが・・・

役立たずでした(笑)

でも、なんだか、役立たずな私っていいかも、なんて思ったりするのです。役立たずなところというより、それでも仲間に入れてもらえてると言う所が。あまやかされている感じで。なんだか日本にいる時は、何かを一生懸命やっていないと、誰かに認められないと、とても生きて行かれないような感じだったけど、別にここでは、なーんにも思い詰め無くったって一緒にいてくれる人がいる。ありがたいなあと思うのです。

しかしながらですね、そんな役立たずな私の、右往左往代表のような人生を送って来た私にも、役に立つ事があるのです。

それはしかも、仕事の中でです!!(どどーん)

私のIT関係で働いた経験が長い私。元ネットワークエンジニアやってました!とやっていると、100%、なんでホテル(しかもドバイに)?と突っ込まれ続けて来たのですが、お客様がビジネスセンター(ホテルの中で有料でネットを使える所)でパソコンの操作に困ったりして、同僚が誰もわからない時に自分が知っていたり。最近ここらへんはかなり頼りにされています。

日本人ゲストの誕生日やハネムーンの時のカードに、ちょっとしたイラスト書くの得意だし。

いろいろ考え事ばっかりしている私の考えを面白いって言ってくれる日本人ゲストがいたり。

人に甘やかされるのが得意だから、みんな良くしてくれているし!!

特にIT系はもう、ホテルのネットワーク担当の人でさえもあんまり詳しく無くて、来て2週間で
「お客がネットで困ってるらしいから、今すぐ客室に行って!!」
と、まるぶり状態。それはそれで、新人に頼りすぎでしょ!って突っ込みたくなるんですが。

行ってみると、まさしく素人では全く出来ないような事だったりして、ちょっと役に立てたり。(書いてもあんまりわからないと思いますが、VPNを使いたいとか、特定ウェルノウンポートを解放してくれとか/家でやれって感じのレベルなんですが・・・)

あ、私の寄り道人生も捨てたもんじゃないな、って思います。
というか、いままでやって来た事、結構ホテルって生活に根付いているからなんでも活かせたりするんですね。好きかも!ホテル!

楽しいぜ。


058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-01-09 06:52

少子化なんて無縁だぜ


ドバイのお正月は、イスラエルでの事件があったせいでドバイの指導者が、新年を祝う花火や大きなパーティーを禁止したので至って静かな正月でした・・・

同僚が先日、チェックインするお客さんに正月を何処で過ごしたか聞いて
ドバイの外で過ごしたって聞くと、
「それはよかったですね。ドバイでは指導者が花火やイベントを禁止したので静かな正月でしたよ。それというのもハマスと言う団体の指導者が死んだ事により、大量虐殺が・・・」

などと話してて久々に頭の中に
「うわっ!KY!!」
って言葉が浮かびましたね。もう、それは、ネオンライトが点灯!っていうくらい明確に。

つーかチェックインしてコレから楽しんでもらうのに、
なんであんた大量虐殺の話とかしてんの?!みたいな。

お客様も、それは・・・大変でしたね・・・みたいな、微妙な雰囲気でした。さらに、そのときベルボーイの人手が足りてなかった為にわたしがお客様をエスコートする事になり、それはそれは微妙な雰囲気でした・・・。

全体的に色々お客さんには可哀想でした。

正月はドバイで!みたいなバブリーなものを期待してきただろうに・・・

宗教問題も大変だろうけど、パーティーでもしないとお金が回らないから、この世界経済危機かつバブル崩壊のまっただ中に国が動かないだろうに・・・

いくらプライオリティがあるとはいえ、国を守る義務のある指導者としてはその選択はどうなんだろう、と少し考えてしまいました。

パーティーと言えば、ドバイに来たての時に、フラットメイトの中国人、香(シャン)が、パーティーをしたんですね。私以外全員チャイニーズで、何喋ってるのか全くわからなかったんですけど、だからいっそう、そんな中に私を仲間に入れてくれた事が嬉しくて仕方なかったです。

チャイニーズって、いつもチャイニーズ同士で固まっているので、英語は全然進歩しないのだけど、彼らはいつも、お互いを守りあって、大きな家族のようなのです。人類皆兄弟みたいな。偉大なる中華人民共和国を感じます。それは、すごく暖かいのです。いつだってお互いを思いあっているのです。

パーティでは大きな鍋をみんなで取り囲んで、もう、シェフの子が鍋をテーブルに置いた瞬間、みんなで一斉に箸を伸ばすんです(笑)一時も待てねえ!!って言う感じに(笑)それで居ながらにして、
「千夏ちゃんと食べてる?!」
「わたしがよそってあげるから!!」
「もっと麺入れなよ。」
とか(笑)すんごい面倒見がいいのです。

e0162920_1511317.jpg


買い物も一緒に行くと、何故か荷物持ちまでしてくれたり、車道側を率先して歩いてくれたり(女の子なんですけど・・・)あと、おかしとかチョコチョコくれたり、ごはん作ってくれたり、奢ってくれたり。

なんだか日本と中国というのは近すぎて遠くて、いさかいや差別があったりしますが、私はこんなに家族や友人を思いあえる民族は他にいないと思うのです。

食事が終わった後、一人の女の子が、
「他の国の人は、少し汚いと思うかもしれないけど、
中国では、一つの皿を全員でハシでシェアするのが、
家族なのよ。だからあなたも家族なのよ。」
ということを言ってくれました。

本当に、本当に温かい気持ちになりました。

日本では、「結局最後は家族だよね。」って言う言葉がよく聞かれますね。

私は昔からどうにもこの言葉が嫌いでした。家族はもちろん大事だけど、友人か家族か、って言われても容易に友人を切れる程の簡単なつながりじゃないと思っているし、もう私なんて甘ったれすぎ&弱すぎて、友達いないと死んじゃう可能性100%超してるし。

でも、中国人は、もっと遥かに懐が広くて、人種も性別も隔てなく家族であれるのです。絶対これ、人口ナンバーワンの秘訣だと思う。

すげーよ、チャイニーズ。
日本ももっと頑張ろうぜ。熱いハート持って少子化乗り切ろうぜ。

ま、そんな簡単な問題じゃないけど。


058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-01-05 01:54

年越しパーティーはやっぱり大好きなガイズとパーティー!!でした。

e0162920_234485.jpg


やっぱり友人が一番の宝ですねー♪お酒飲んで踊って歌って盛り上がりました。
相変わらずです(笑)

さてさて・・・

こっちにきてから、殆どの基幹がローシーズンだったのですが、
このクリスマスから正月にかけて、ホテルが忙しいったら!!

うちのホテルの一つのポリシーとして、
Don't point otherwise the guest get lost.
というのがあり、
道を聞かれたら必ずその場所までエスコートすると言うのがポリシーなんですね。

このスペシャルシーズンで、ディナーをうちのホテルでとるお客様が殺到し、
私のようなペーペーもお客様をご案内するのにホテル内を行ったり来たり!!
暇な時にぶらぶらホテルを歩いていてよかったです・・・

そのうえにもちろん通常業務もあるので、実に大忙し!でも、暇だったシーズンに比べると、なんだか、残業で疲れたなあなんてぶつぶつ文句を言いたい気持ちと裏腹に、なんか今私、充実しているかも!!必要とされてるのかも!!輝いてるかも!!なんて思っていたりもします。なんか予備校とかのCMみたいですが・・・

5つ星ホテルで働く上に私の仕事はVIPのお世話がメイン。VIPに向かって失敗なんて絶対にしたくない!という思いから積極的にコミュニケーションを取るのを避けていたんですが、少しずつ拙くてもコミュニケーションを恐れない事を始めました。ちょっと変な日本語ですが・・・

今まではゲストと電話で話していても何かわからない事を言っていたら、怒らせるのを恐れてすぐ同僚に電話を変わっていたのですが、先日も記載した通り私の英語力の貧困さを表立って責める同僚もいないし、逃げてばっかりじゃ、いつまでも同僚に頼りっぱなしのままだし!!ということで、客に怒られるまでは粘って聞こうとしてみたり、聞き返してみる、と言うのをようやく気づいて初めて見た所です。

冷静に考えると、自分が昔オペレーターをやっていた時や、生活の中にも、こういう場面ってあったなあ、なんて今思います。

電話が故障してNTTに電話してみたら、明らかに相手が日本人じゃなくて今イチ伝わりにくい!!っていうこと。でも、考えてみると、よくわからないから、他の人に電話代わって!!って言った事はありませんでした。まあ仕方ないか、位の気持ちでした。

5つ星ホテルでそれが通用するかは兎も角、最近ようやくゲストとちょっとしたコミュニケーションを取るのを始められました。意外と、英語が流暢じゃない喋りをしていると、君、どこの出身?と聞かれ、日本です・・・と恐る恐る答えると、「こんにちわー!!」とか(日本語で)「俺札幌言った事あるよ。いい場所だよね!」とか、帰ってくる事もありました。まあ、怒られる事もしばしばですが・・・

一度、「そうか、日本人なのか。俺の元カノも日本人で幸子って名前で・・・」なんてことまで・・・(本当にありました)大恋愛の末に失恋したらしく、逆に意気消沈させてしまいましたが・・・(笑)

まだまだペーペーだけど、この忙しいシーズンを通してどんなに役立たずでも、私だってホテルの一員なんだ、もっと役に立ちたい!っていうのを強く思うようになりました。

はっきり言ってこのインターンに参加したのは純粋に英語を発達させる為だけだったし、ホテルなんて全然興味が無かったに等しいくらいですが、このホテルにはたった2通りの人しかいません。

お金の為だけに来ている出稼ぎ労働者か、ホテル経営を真剣に学んでキャリアを重んじている人です。

どちらもあまりに真剣すぎて、あなた達から英語を学びにきました!なんて恥ずかしくて絶対に言えません。これは来たての時に強く思いましたね。

日本にいた方がお金が稼げるのに、なんでわざわざドバイくんだりまで来たの?っていうのがかならず第一の質問で、次の質問は、ではホテルマネージメントを学ぶ為に来たのか?その手の学校を出ているか、もしくは経験があるのか?ということです。

これは衝撃でしたね。考えてみれば当たり前ですけど。

わたしの経歴は、ファッションのスクールを経てネットワークエンジニアになり、それからここに来たという他にたぐいを見ないバラバラ具合で(私の中では実は繋がっているんですけど・・・)それを回答するとさらにみんなの頭の上に?が並ぶ感じです。

始めは、英語の為に来ただけだし・・・とか思って、少しホテルを異世界のように思っていた所が少なからずありましたが、時間の経過に従って、英語を学んでいると言う意識よりも、ホテルで働いている、という意識が濃くなってきたんですね。

結構好きだなあ、って思うんですね。しかもせっかく始めたならきわめて見たいと言うこの全日本マニア魂(?)がうずいてきたし!私、このホテル好きだし!

うん、
2009年も頑張るぞー!!
では、今年も宜しくお願いいたします!!

058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-01-03 23:44