海外で働いてみよう!    トラジャルインターンシップ    http://www.trajal-internship.jp/ 


by intern5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

超どうでもいい日記を書きます。

なんといっても果物が大好きな私。

外国に行く一つの楽しみは、果物であると言っても過言ではないでしょう。カルフールに行って早速多種の果物をゲット!!あんまり珍しい物は無かったんですけど、そのなかで割と日本でありそうでないのが、ザクロ!!柘榴!漢字で書くとかっこいいし!!どうでもいいけど!!

これは!!って思って購入したのですが・・・


まず、包丁で切れ目を入れて開きます。中に膜が沢山張られていて、小部屋がいくつも出来ており、その中に実が入っているんですが、実は全て種入り。しかも、この膜、スプーンごときじゃなかなか切れないし、切れても食べると苦いからいちいち手で取り除かなくてはいけない。
e0162920_325224.jpg

砂漠だからこういう水分が多い果物が重宝するのはわかるけど・・・

なんて面倒くさいんだ!!

その他一緒に買ったネクタリンはビタミンCが100%以上含有されているんじゃないかと思われるくらいに酸っぱいし、アプリコットも種が大きくて可食部が少ないし、りんごは粉っぽく、もう、ストレス絶頂。
e0162920_3292748.jpg

ザクロは、5分経っても殆ど食べられないし、手はベトベト。しかも実に対して種がそれなりの大きさなので食べた感も無し。服にも果汁が飛ぶし・・・イライラ・・・

e0162920_3364830.jpg


しかし・・・

一度始めると途中で諦めるのが嫌な、妙な所だけA型気質の私。これは、私とザクロのタイマンの戦いではないか、否、自分との戦いではないか!!ここで負けたら、一生ざくろに負け、いや、自分に妥協を許した女の汚名が覆いかぶさるのだ・・・!と、妙な妄想に取り付かれて奮起。

まず、手を使って、外殻を完全に除去。次に膜を取り除きながら、実を別の皿に分ける。これだけでもう、10分以上かかりましたね・・・

e0162920_3451434.jpg


完全に分け終わってから、一気に食べる!食べる!!と言っても、もう優しく噛んで出た果汁を吸うだけって感じなんですけど・・・もう、間違いなく、ザ・モスト・オブ・ストレスフルフルーツに認定されましたね。私的に。

・・・戦いが終わった・・・

e0162920_3465999.jpg


ふう・・・ではひと言。

やっと終わったぜ、チクショー。お前なんて嫌いだ。



058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-03-30 03:47

日本語が出ない

というほど英語が上達したから、というわけでは全くないんですけど、なんといってもパークハイアットは日本人が二人しかいないので、もう一人の子が休暇にでも言ったりすると、すっかり日本語が怪しい。

もっと怪しいルー大柴っていうかんじに。

お部屋までエスコートする時に、ブランドスタンダードで、最寄りの非常口を案内しないといけないと言うのがあるのですが、英語では、
「Just in case, nearest emergency exit is over there...」
というように言うんですが(コレ自体あってるかどうかよくわからないですけど)、これがたまーに日本人客が来たりすると(うちは日本人客が少ない)とっさに英語を日本語に直訳そうとするからか、Just in caseってなんて言うんだろう・・・って思ったりして、

「一番近いエマージェン・・・えー、非常口はこちらなので、いざという時には逃げていただいて・・・」

などと言ってしまい、

逃げるに決まってるだろ、そりゃ、

などと自分で心でツッコミを入れながら、

「そりゃ、逃げますよねー、はっはっは。」とフレンドリーぶってカバーをこころみた物の、客も腑に落ちない様子で完全に外した私。トライ&エラー。そうですよね、だめなものはだめですよね。

その他、最近使った怪しいエスコート用語。

「こちらのレストラン、トレイットゥーはヨーロピアン料理で、ワンダフルなステーキがお召し上がり頂けます。」

どんなステーキか、甚だ怪しい物である。逆に価値が下がった感じがする。その他、スーパーな料理、ベリーナイスなお肉、グッドな麺など、バラエティー豊富な食材も登場する。

「洗濯袋はこちらです。」

洗濯袋って何。ランドリーバックまで訳す必要はなかったように思う。洗濯袋ってなんかうさんくさい上にださすぎる。

「こちらのウェルカムフルーツはようこその意味でコンプリメンタリーなのでエンジョイして下さい。」

ルー大柴そのものだけれど、顔がマジなので客も笑うに笑えない。エンジョイするしか無い方向に。

「アイス等はご入用ですか?」

とっさに氷だと伝わりにくい為に、「え?アイス(クリーム)?」なんで?っていう顔をされる。

「なにかございましたら、電話の受話器を押していただいて、0を押していただくと、オペレーターがアンサーしますので、「小林をお願いします。」と言って下さい。」

オペレーターにそれがわかるくらいなら、小林を呼ぶ必要は無い。

・・・留学先に日本人がいなさすぎるのも少し問題と言う話・・・

058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-03-21 17:31
実はパスポートの色って意味があるって知ってましたか?

私たち、日本人のパスポート、10年用は赤ですね。

赤いパスポートを持っている人は、殆どの国を、観光であればビザ無しで容易に入国する事が出来るのです。つまり、先進国である事のバッジみたいな物でもあると言う事です。これはかなり衝撃でした。職場の仲間が不意に聞いたのです。千夏のパスポートは何色なのか?と。赤でない国の人達は、信頼性が薄いと見なされ、他の国には容易に移る事さえできないのです。私はそんな事は何も知らなかったのです。

ここ一年、たかが一年ですが、私の夢は、留学を終えたら帰国してSEに復業し、お金を貯め、バックパックで世界一周する事でした。でも、それを可能にするのは赤いパスポートあっての事なのです。私の当たり前は、当たり前ではなく、日本人であると言う事は恵まれすぎている程、恵まれている事だと言う事をこれほど痛感したことはありませんでした。

3ヶ月前に同僚の悩み話を聞く機会があって、ますます複雑な気持ちになりました。

彼はインド人の既婚者。

二ヶ月だけデートしたガールフレンドが妊娠。この国では婚前妊娠は犯罪。彼は結婚をしました。しかし、ここの寮は妻がいようが子がいようが、マネージャークラスになるまでは部屋はシェアしなくてはいけません。そんなわけで新婚なのに別居。妻もこっちで働いているので、子供は妻の実家であるフィリピンに預け、月々送金。ちなみにこっちでは寮や食事はついているとはいえ、月給は正社員でも5万程度。

もはや物理的にも精神的にも家族はバランバラン。先も見えない。

そんな時に、長年の願いかなったりで、アメリカのホテルで彼をかなりの高待遇で受け入れてくれるホテルが見つかったのです!2年後には彼をマネージャーにしてくれる。そうしたら給与は日本で言う30万程度!!家族も一緒に住める!

しかし!!ビザ等の手続きで、なんと手付金、保険金などで30万円程必要なのです(!)そんなお金、彼は持っていません。

貯めてから再度チャレンジするわけにはいかないのか、と聞いたら、千夏のパスポートにとっては楽なことでも、僕はもう、先進国にアプライする事を何年もやって来た。大学も卒業して、十分に経験も積んで来た。家族も今でさえバラバラなのに、僕には彼らを守る責任があるのに、時間なんて無いし、次のチャンスもあるのかわからない。と言われました。

彼は私と同じ年です。

私は高卒です。洋裁の専門に行きましたが、違和感を感じて辞め、独学をし、SEになったものの、高校時代からの留学の夢を諦めきれずにこのホテルに留学に来ました。バランバランですね。こっちに来るとツッコミを入れられます。何がしたいのかと。環境に甘え、好き放題やって来ました。

彼には、妊娠させた責任があるとはいえ(それでも日本人であれば、中絶する・させる人が多いと思うのですが)好き放題な時間なんて何処にも無かったのです。大学でホテルマネージメントを学び、真面目に働き、彼の話には、何度も責任と言う言葉が出てきました。

SEをしていたとき、私は同世代の人の2倍はお金を稼いでいました。でも、それは酷くストレスの貯まる職場で、毎日お酒を飲んだり、おしゃれなカフェで食事したり、無駄遣いをしてきました。あのとき、私にとって、10万円なんて、なんてことのないお金だったのです。お金がありすぎて、ありすぎても、私は何にも欲しく無かったから。

でも、私は、わかってしまったのです。

私が無為に使い続けて来たお金は、誰かの人生さえも変えられるお金だったのだと言う事を。私は聖人じゃない。何もかも自分を犠牲になんて出来ない。危険な橋だって渡れない。時には無駄遣いだってしたい。他の子がやっている事を、時々は私もしたい。

でも、こんな私でも、何か出来る事はないだろうかって、最近自分に問いかけるように思うのです。

同い年の同僚。私より仕事が出来て、人一倍努力してきた人。

何の努力もせずに、のうのうと”自由に”行きて、浪費を繰り返して来た私。それでも、日本人として生まれ、幸運にも人より長けた点があった為に、一生食うに困らないけれども、日本を出て余暇スキルの為にここに来た私。パスポートの色は赤。

苦しかった。とても許されない気がして、心臓がぎゅっとなった。

世界はちっとも平等なんかじゃない。私の幸福は当たり前なんかじゃない。

世界一周なんて、なんて馬鹿なアイディアだろう。
旅人はいつだって無責任だ。ここから次の場所に移るだけで、その土地に対して、何の責任も無い。政治が悪化して人が苦しもうが、旅人は通り過ぎるだけだから。

でも、もし、わたしが道を歩いて、飢えて倒れている人がいたら?
旅をする為と言って十分なお金を持っていたら?

わたしはその人を見捨てて、ただ自分のエゴイズムの欲望の為に
その人を通り過ぎるのか、って思うのです。
自分の経験の方がそれほど大切か、って思うのです。

今、世界一周とか自由人いうのは流行っていて、それに対する追従に感じていた安っぽさや、煽動側の無責任さへの、説明しがたい嫌悪感の実態をここに来て初めて捉える事が出来ました。

それでも私は、あの、バスタキヤのカリグラフィーの、あの熱さを忘れる事なんか出来ない。一つの所に長くいると、人を助けるどころか、私は気がおかしくなりそうになる。でも、誰かの屍を越えるのかと思うと、怖くて怖くて逃げ出してしまいたくなる。安心できる場所を自分の足で探したい。

4ヶ月考え続けても、ぜーんぜんまとまらないのです。
答えがはっきり出る時なんてあんのかなって思うくらい。

ちょっとずつ整理するしか無いんだろうなあ・・・。

058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-03-13 07:24

さよならステファン

今日はゲストリレーションで一緒に働いて来たステファンの最終日でした。

ステファンはなんだか、あんまりいない、とらえどころのあるような、ないような性格の持ち主。というのも・・・ステファンは絶対に怒らない。怒鳴ったり、不機嫌にもならない。だれも責めない。いつも普通。ステファンが失敗しても、なんとなく誰もステファンを責められない。

なにしろ、辞めると決まってからというものの、ステファンはフロントをぶらぶらしていて、あんまり仕事を手伝ってくれなかったり(いざというときには助けてくれるんですけどね)かといっても文句も言えない、という状況だったのですが、あるとき、アフタヌーンシフトで夜中の24時に終わるはずが、25時になっても全く終わらず、私のイライラが絶頂。

何せ受付が忙しかったので手伝った所で、みーんな、そんなの手伝って当たり前くらいの顔でさっさと帰ってしまうし、ステファンは相変わらずプラプラだし。

個人的な事情ですが、私はここに来るまで、ものすごーく忙しい部署で働いていて、仕事で成功しても、
「お前は女だから男にこびを売って成功できた」と言われ、失敗すると、
「女に所詮仕事なんて出来ない」と言われるような場所で働いていました。
それでも、負けたく無い!!と思い、毎日泣きながら終電まで、毎日24時、25時まで誰もいないひろーいオフィスで一人で働いていて、なんとなく、その時の事を思い出すからか、どうしても私は夜中の残業というのがとっても嫌なんですね。

私が不機嫌なのを感じ取って、
「大丈夫、千夏、1時半のバスがあるよ。一個一個片付けて行こう。」
といって一緒にステファンが仕事を手伝ってくれる事に。ステファンと話し始めると、もう、私は絶対にステファンを責められなくなってしまう。

でも、ついに1時半のバスを逃した時(次のバスは2時半)今までのいろーんな蓄積して来た不満や疲れがどーっと溢れてバックオフィスで泣いてしまいました。

「大丈夫、この時間に終われば、サッパーが食堂で食べれるから、後十五分で仕事を終わらせれば食事を食べてゆっくり帰れるよ。千夏はよくやってるよ」

などとステファンが言ってくれても全然止まらなくって、もうみっともなくダラダラ泣きながら仕事をし(ずっと忘れていたのですが、私は泣き虫なのです)ようやく終わったのが2時。

終わった時に、ステファンがひと言、
「ありがとう」
って言って握手の為に手を差し伸べたんですね。

この人は、私が助けてって言えば、いつだって助けてくれる人だったのに。泣く程誰かを責めたい気持ちになる前に、私がひと言「手伝って」と言えば、手伝ってくれる準備の出来ている人だったのに。私がひと言言えば済む話で彼の落ち度じゃなかったのに、文句も言わずに一緒にこんな時間まで働いてくれて、文句の一つも言わずに、ありがとうといって握手の手をさしのべる。

握手をしながら、ありがとうと言いたかったのに、もっと涙がドウドウ出て来て全然ステファンの顔なんて見れなかった。彼が辞めるという、直前になってようやく、こんないい人と仕事をして来たんだ、と気がついた。

最終日はカードを作ってケーキを手配して、もう、ゲストリレーションと言うより、ただのステファンリレーションになって、どうしてもばっちりありがとうが言いたかったのに、やっぱりあの握手を思い出したら涙が止まらなくなって、ステファン本人に泣くなと言われる始末。

ステファンがいなくなっても、あの尊い握手を私はずっと、一生、忘れない。いつかは私があの握手を差し伸べられるように、そういう人になれるように。


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-03-03 00:32