海外で働いてみよう!    トラジャルインターンシップ    http://www.trajal-internship.jp/ 


by intern5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0162920_13162294.jpg

こういう写真のような行為、ありますよね。ちょっと自分の腕が映ってしまうのが間抜けな、自分撮り行為。日本で言うと、もう、勝手にやっとけ的なカップルがたまに、やっているような。

この行為の無駄さを語ってみると、所詮何処で撮っても腕の長さからでは自分の顔しか映りようがないので、何処で撮っても所詮同じであり、月に一回でも獲れば人類の老いの推移がわかって十分な気がするものの・・・うんちゃらかんちゃら・・・

こっちに来てびっくりした事の一つは、何歳だろうと、みんな、この自分撮りをして、俺のクールなポーズで写真を収めると言う所・・・!!自分撮りをしないまでも、みんな自分のクール写真が大好き。

ちなみにうちのフラットメイトのシハーム姉さんも、とある日に、
「ちょっとわたしの写真を撮って欲しいの」
と言われたので、お易い御用だ、と思いお部屋に行くと、ワンピースにお着替えした姉様が。

おおっ、姉さん、遠隔の彼にでも送るのかな。かわいいところあんじゃん・・・!となどと思っていたら・・・一つの服で、約3ポーズとって終わりかと思いきや、着替えてまた3ポーズ、着替えてまた・・・というように、気がついたら11時に始めて1時まで姉さんの写真を撮り続ける事に・・・軽く100枚以上ありましたね・・・
e0162920_13195566.jpg

ちなみに、ガイズのアパート等に私のカメラを置いておいたりすると、気がつけば私のカメラに「俺たちのクールな写真集 by俺」が完成している。あげくには、その写真を後でデータ送ってくれとまで言う始末で、彼らの自分写真のこだわりは、スーパーマジ。実は他人が撮ったように見せかけて、セルフタイマーを使っている(自分だけの為に)高等テクニックも見られる。

さ・ら・に

撮っただけでは、その情熱は収まりきらない・・・!

海外のmixiとも言える、Facebookに、その、俺のクールな写真を続々アップロード!!

携帯の待ち受けは、もちろん、俺!!

着信を受けると、誰からかかって来ても・・・クールな俺の写真、ポップアップ!!

パソコンの待ち受けは、俺の写真に俺の名前のロゴ入り・・・!

パソコン内のアルバムは、基本的に、俺オンリー!!

ベッドサイドには、微笑む俺の顔の写真立て!

財布を開くと、そこには若かりし頃の俺の証明写真・・・

次々と俺のクールな写真を撮るいい大人達です!!
(本当はもっと露骨な物がいっぱいあったのですが、メモリがいっぱいだったので、ずいぶん前に消してしまいました・・・/)

e0162920_13254444.jpg


e0162920_13305779.jpg


いやー、せめて旅行先とか、盛装してるならわかるんだけどねー・・・
しかも、ガイズだけに限らず、国籍に限りなく、皆さん、ご自愛が豊かなようで・・・

カメラ向けられても、恥ずかしくてモデルポーズなんか絶対撮れない。ピースとかしちゃってごまかしちゃう。私、日本人だなーって思う

058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-07-24 13:32

豪華ダウクルーズ?!

e0162920_4355147.jpg


ドバイの観光の3本柱と言えば、

デザートサファリ
ダウクルーズ(ドバイクリークをクルージングしながらディナー)
シティーツアー(特にブルジュアルアラブ辺り)

ドバイ在住で、かつお客様に知った顔で勧めているのに、自分が体験しない手はない・・・!!というわけで、行って参りました・・・ダウクルーズに!!

クルージングなんて言うと、とってもロマンチックなような気もしますが、おあいにくと、お連れ様はめぐたんといつものガイズ・・・始めは、女2男2でダブルデートっぽいノリで行こうと思っていたら、そこはガイズなので、

「俺も!」
「俺も!!」

となり、あたかも近所のバドミントンに行くようなノリの軽さで結局総勢6名に。そしてクルージングだからドレスアップなんて言う事はまるでなく、全員TシャツにGパン、スニーカー。・・・ま、いいんだけどね・・・その飾らなさがガイズのいい所でもあるし・・・

e0162920_617532.jpg

ホテルにピックアップの車が迎えに来て、船着き場までドライブ。ひとえにダウクルーズと言っても色々な会社があり、その数だけ船止まっているので、船着き場は電飾でライトアップされた船が沢山泊まっていてなかなか壮観。

船の前ではウェルカムアラビックティー&コーヒーなんかもあり、おお、これは何かいい感じ?

七時半にピックアップで、八時半に出航。おなかはもうぺっこぺこ。すぐにごちそうが食べられるのかとおもいきや、食事のブッフェは蓋がされておりなかなかGOの指示が出ない。乗っている子供も、顔が空腹を訴えている。

と、思いきや、なんだか思わしげなスーツの男性が出て来た?!これはいよいよお食事か?!と思いきや・・・何故か唐突に始まった・・・全く場の空気を読まない・・・

マジックショー!!(なんでなんだろう・・・)

というか、前振りが長い割にマジックの迫力が薄く、マジックと言うよりは、地元のおじさんの宴会芸のようなノリ。つ、つまらない・・・
全く自分にも他人にも正直なガイズは露骨につまらなそうな顔をしている。

ごはんはまだか、、、と思っていると、、、

「はい、そこの女性、僕のマジックを手伝ってくれるかな!!さあ、前に出て来て!!」

と、こんなときばかり働いた余計な(不)運で前に出させられる事に。そして、こんな時に限って、そのおっさんが出したマジックは乗客全員にネタのバレバレなもの。恥ずかしかった・・・場を盛り上げようとはやし立てるガイズがわざとらしすぎて、より恥ずかしい・・・

e0162920_642388.jpg


結局謎のマジックショー終了でようやくご飯にありついたのが10時近く。しかも楽しみにしていた食事は、ホテルの食堂の料理がすこしだけグレードアップしただけと言う感じでした・・・

食事が終わった後は、フリーダムなガイズはおとなしく座っていると言う事は不可能なので、デッキに出て、写真をとったり、男同士でタイタニックをやっていたり・・・

どうも、やはりこの手のツアーは値段と内容が比例するということがよくわかったツアーでしたが(向かいにすれ違った船の中にはノリノリのディスコみたいになっているのもあった)ま、こんなのも悪く無いな、なんて思ってたりね。

豪華(?)ダウクルーズレポでした。
あ、景色はなかなかよかったですよ(つけたしかよ)

e0162920_6474059.jpg

058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-07-14 06:48

今更すぎるのですが・・・フロントオフィスと言ってもいろんな部門があるので、簡単に説明したいと思います。それと、私の仕事内容について。各個内は1シフトで回している人数。ちなみに見ての通り、結構ギリギリ。

・レセプション(1〜2)
フロントのメインジョブ。主にチェックイン・アウトと、それを円滑に進める為の補助業務。シンプルに見えてとても奥が果てなく深い。コツコツ淡々と仕事する人向き。

・コンシエルジュ(1)
地元の物知りさんみたいな役。ドバイの事なら何でも彼らにお任せ。
旅行プランサポートのエキスパート。
ゴルフなどのアクティビティー、レストラン、車等の予約・手配。常に多忙な上に知識豊富でないと勤まらない。たまに俺用ヘリの手配等と、びっくりしたものがくる。私生活で外食・外出等が多い人ばかり、流石。

・ビジネスセンター(1)
インターネット設備の案内、コピー、ファックス、宅急便手配等、ビジネス客の事務全般サポート。売店の店員もかねている。業務種別こそ多いものの、最も暇で、主な業務は暇つぶし。インターネット大好きであっけらかんとした変わった人が多い。

・オペレーター(1)
当ホテルでは、お客がハウスキーピングにかけても、ランドリーに欠けても、結局オペレータが声色を変えて電話に出るだけ。外線からはホテル内のどの番号にかけても、この人が一人で電話をとる。内線、外線を合わせ1シフトで3000件の電話を操る電話の魔術師。どうしてかはわからないが、情熱的な女性が多い。

・ゲストリレーション(1)
VIPのお世話が主な業務。毎日ディレクターとミーティングをして、明日到着のお客様の部屋の割当を作戦。当日はVIPのアメニティー配備手配・部屋の準備をルームサービスとハウスキーピングと協同で行い、VIP到着時には、部屋までエスコート。
ゲストのクレームのハンドリング・スペシャルリクエスト(誕生日や贈り物)もこの部署。レセプションが忙しい時にはそのカバーもする。時間がある時にはホテル内をうろちょろしてお客様に話しかけ、顧客の情報を集める。
共通して図々しいフレンドリーさ、人間関係の円滑さ、忍耐力の欠かせない、なんとも難しいポジション。言いたい事をはっきり言う力も必要。他国籍言語に優れた人がなると言う要素もあり、通訳も含む。

・アライバルチェック(1)
一日に一人だけ。翌日の到着ゲストのチェック(名前の正誤・ポジション・会社名、タイトル、到着時刻)等を地味にチェック。忙しい時にはゲストリレーションと同様各地に飛ばされる。

・ベルマン(2)
ホテル内の足。
お客のエスコート、荷物・商品の運搬等、常にホテル内を行ったり来たり。
一日中歩きっ放しで全員足の筋肉ムキムキ。個性色々で、その日のベルマンが誰かによって、業務の円滑さが異なると言っても他言ではない。

・ドアマン(1)
ホテルのエントランスでお客様に一番始めにウェルカムを言ってドアを開いて差し上げる人。ホテル前に交通整理も行う。長身で、ガードマンを兼ねているようにも見える。常にドアにいるのでお客様遭遇100%なので、実は一番お客様の顔を覚えている。そして全員例外なく日焼けしている。忙しい時にはベルマンの仕事もする。

私のポジションは、ゲストリレーション。というか、本当はこの仕事は熟練している人がなるんじゃないか、というくらい、最も知識・フレキシビリティーを問われる仕事。

そもそも、レセプション・コンシエルジュ・オペレーター・ビジネスセンターは各一人しかおらず、かつ、場所を離れられない仕事なので、トイレやランチに行くときは、だれかがカバーをしないと行けない。と言った時に大変便利なのがゲストリレーション。自分達の固定の机がないので、どこかに留まる必要がないので、何でも屋状態。その分やりがいもあるものの、正直、仕事そのものがもの凄く厳しい。欠席もカバーするので、好き放題飛ばされる。かつ自分の仕事も終わらせないと行けないので、バランスを取るのがなかなか難しい。受付が忙しいからと言って助けても、私の仕事を彼らが手伝ってくれる事はほぼ皆無。

私は昔々、小さい頃に近所の男の子にいじめられていたらしく、このままでは娘は生涯いじめられっこになってしまうと心配した母が、
「言いたい事、嫌な事はちゃんと言わないと駄目なの!」
と、いうのを強力に教育して来たので、私は昔から、日本人としては少し変わった、言いたい事を割とはっきり言う性格なのですが、これが割と助けになりました。そうでもないと、全て押し付けられてしまうので。最近はもっともっとはっきり言うように気をつけています。

かつ、日本人客と言うのは英語教育を受けているのに英語が全く喋れず、世話のかかる人種として有名で(正直評判はあまりよくありません)ついには一人になってしまった日本人従業員としては、日本人顧客が来ると仕事が倍増する。

ハスナーはアラビック・フレンチ・英語が堪能なので、それに比べるとまだいいような気がしますが・・・

うむ、簡単に説明しようと思ったら、思っていたよりも、もっと奥が深かった!!

というわけで、当ブログ初の2に続けたいと思います。

つづく!!


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-07-07 05:45

暑い


e0162920_8491514.jpg


暑い

ここまで暑いと暑くておもろい事なんて一個も無い。

少し離れにあるブロック2でお客さんをエスコートする時に、一度外の通路を通らないと行けないのですが、

「はい、こちらがブロック2へのショートカットでございます。
 このように、外の気温で曇ってしまう、私の眼鏡でございます(やけくそ)」

と言ってお客さんの笑いを取っているくらいだ。ちなみにやけくそで始めた割には好評。

最近更新をしていなかったので(今、一時間かけてタイプしたものが消えてしまったのでやる気がなくなってしまいました・・・)写真は夜のパークです。
始め程の新鮮さは無くなってしまいましたが、やはり綺麗なホテルだと思う。

e0162920_8535187.jpg

e0162920_8591446.jpg


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-07-01 09:06