海外で働いてみよう!    トラジャルインターンシップ    http://www.trajal-internship.jp/ 


by intern5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

毎年コンシエルジュという雑誌と政府の観光局が主催している、コンシエルジュ向けのディナーパーティーと言う物がある。

とにかく、ドバイの大きな会社は元々をたどって行くと全てに置いて、ドバイの王様一家(マクトゥーム一家)が牛耳っており、観光で大きな収入を担っているドバイは、シーズンごとに政府が、この価格以下で(もしくは、以上で)ホテルを売らないと駄目、とか、バーのタイミングのルール(イスラムに基づいて)とかを各会社に指示をする。

コンシエルジュはホテルの中でもゲストに近く、色んなアクティビティーを売ってドバイを活性化させる大きな役割を担っているので、各ホテルからコンシエルジュが一斉に集まり、その年の一番素晴らしいコンシエルジュを讃える!!というイベントなのです。
うちのホテルは小規模で、コンシエルジュは4人しかいないので、ゲストリレーションチームも参加させてもらえる事に。

ところで、このConcierge of the Yearというのはどうやって選ばれるのかと言うと、なんと、このコンシエルジュという雑誌の会社や政府が、ミステリーショッパーと呼ばれるスパイを各ホテルに放ち、ゲストの振りをしてあれこれ質問をし、密かに採点していると言うなんとも恐ろしいもの・・・賞も、なになにの知識に長けているで賞みたいなものから、ベストサービス賞、特別賞まで10個あり、一体何人のスパイが、いつ、何回きているのか、全く謎である。恐ろしい・・・

ちなみに日本でコンシエルジュと言うと、経験を積んだ生きる地元辞典名人のようなプロがやっている事が多いのですが、ドバイではかなりまちまち・・・うちのホテルはベルマンから人を取ったり、経験の浅い人ばかりで、かなり適当・・・。やはり、受賞はしませんでした。純粋にディナーを楽しみました。

タダメシだ!!(貧しい・・・)と張り切ってちょこまかしていると、
「ねえ、ちょっと君!!日本人?中国人?」
と、唐突に男性が私をキャッチ。

ちなみに、この質問、私が最も嫌いな質問である。結論が見えているからだ。中国人と言うと見下され、日本人と言えば、いつだってちやほやされる。でも、私は私が選んで日本人なわけではないし、それは、私のスキルじゃない。こういうことは、私の同僚のインドネシア人やフィリピン人、インド人にはいつだって起こらない。日本人だって理由で私だけ優遇なんてされたくない、とひねくれて思うのだ。

「日本人です!!」と言うと
「やっぱり!!ねえ、君、ブルジュアルアラブで働きたく無いか?!」のひと言。

ブ、ブルジュ・アル・アラブ!!

「ちょっとダイレクター、こっちに来て!彼女はパークで働いている日本人で、うちのホテルに興味があるんですよ!!」

何がなんだかわからないうちに、話が進んでいて、びっくりして唐突に

「そんな事言ってないんですけど、お会いできて光栄です。」

なんてよくわからない事を言ってしまった。私があんまり進んで興味を見せないなかったので、終には名刺さえ貰えなかったが、考えてみたら、コレはすごいオファーである。なんといってもブルジュアルアラブは、世界で一番くらい有名なホテルである。

「興味がわいたら連絡してくれ。」

と言われて、ぼんやりしているうちにチャンスは通り過ぎた。チャンスってゴロゴロ転がってるんだなあ、って間抜けな風に思った。まあ、ドバイにあんまり長居したいとは思わないからどっちにしろ受けるつもりはなかったですが・・・。

本当にドバイって可能性の町だなあって思う。

発展国になって間もないので、まだまだ足りない物がいっぱいあり、ビジネスの入る隙がいっぱいある。世界有数のインターナショナル都市でもあり、世界の事を知るチャンスもいっぱいある。不況と言っても有益な人材はまだまだ足りないのだ。

ま、夏に暑すぎるのと、自然がないのと、物価が高いのが難点ですがね・・・(三重苦)

そんなドバイで、まだまだ頑張っています・・・。

写真はゲストリレーションチーム。ドイツ人のパウリナと、モロッコ人のハスナーと、日本人の私!美人チームよ!!なーんちゃってね。

e0162920_18553589.jpg


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-11-20 18:55
ドバイの賞味期限と言うのは驚愕である。

卵の賞味期限、一ヶ月!!
そして牛乳は常温ラックで販売。 やはり一ヶ月です!!
マヨネーズ、一年!
スシは一週間!!
高級スーパーで売っている納豆! 一年!!!

おいおい、大丈夫かよ!!と思いながら、怠惰な私はすっかりドバイスタンダードになってしまった。

裕福な日本人からすると、正体不明なアフリカ人やらインドネシア人と言うのは不潔なイメージがあり、そこら中にハエがいても気にしない!土に落ちた物でも食べていたりする!イメージなんて言うのが合ったのだが(酷い偏見)そんなのは全く偏見であり実はかなり神経質に部屋を掃除する民族である。インドネシア人は人によるが、だらしないケニア人と言うのを私は見た事がない。

というわけで、しょっちゅう私はスリャワンに、

「これも悪くなってる、これもだめ!これも、もう食べちゃ駄目!千夏、これは千夏のためなんだよ!不要なものを貯めてはいけません。」

と言って怒られる。

そんな先日、たまには言われる前に冷蔵庫を整理しようと思い、ごそごそあさっているとびっくり、1週間前に買ったゴーヤが・・・!!変色してる!!!

e0162920_1135827.jpg


ちょっと、こんなゴーヤ、見た事ありますか?!
鮮やかに黄色くなって、中の種は真っ赤なんですよ!!日本のゴーヤだったら茶色になって腐るだけなのに!!

これは活気的は発見だから、是非見せてあげようと思い夜中の2時にゴーヤを片手にアパートを飛び出し、二階に駆け上がり、ガイズアパートのドアを開け、神々しいそのゴーヤを右手に高く掲げて言った。

「見て!!これ、すごくない!?」

まず、夜中の二時に唐突に入って来た私がゴーヤを持っているという異常事態に一瞬ガイズもひるんだかと思われたが、一同の頭にクエスチョンマーク。

「ごめん、よくわからないんだけど、それ、新手のギャグなの?」
「腐ったら黄色いに決まってるじゃん」

などなど・・・バリ産のゴーヤとドバイのゴーヤは同じらしい・・・大変がっかりしているとスリャワンが部屋から出て来て私(と腐ったゴーヤ)を発見。

「あ!千夏!声がしたと思ったら、またそんな腐ったもの持って!!貸しなさい!」

ぼてっ・・・!!

「ああー!!」

幻のゴーヤはゴミ箱に落とされた。



058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-11-20 01:18
スリャワンがうきうきしながら部屋に入って来た。

「ねえ、千夏、とってもおいしいバナナをスーパーで見つけたんだよ!!」

とっても顔がうきうきしている彼。相変わらず少々妖精気味です。

「じゃーん!!」

e0162920_1293464.jpg


・・・!!

腐ってんじゃん!!

「腐ってんじゃん!!スリャワン、バナナって言うのは黄色いのを買わないと駄目なんだよ!!黒は腐っているって言う事なんだよ!!」

たまに基礎から説明しないとわかってもらえない事がありますからね・・・

「違いますー!これはおいしいバナナなんですー。」

・・・どうしたらこの可愛いお馬鹿さんはわかってくれるんだろうと思ってひやひやしていると、部屋に彼のルームメイトのウィラワンが。二人で言えばきっとスリャワンもわかってくれる!と思いきや・・・!!

「おお、それはおいしいバナナ!!僕にも分けてくれ!!」

お前も天然かー!!

と思っているとどんどん「おいしいバナナ」を求めてバリニーズガイが集まってくるではないですか!!サルのように!!(酷い)

そう、なんとこれは剥いてびっくり、中は真っ白、品種が違うインドのバナナだったのです!!皮が薄いので身もとっても大きくて、そしてうまい!!これは、うまいぞー!!

「うん、これはうまい!!うまい!!」

と言っているとスリャワンがひと言。

「千夏、猿みたい!うふふふ〜♪」

・・・お前が言うな。

058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-11-11 01:32

一年終了!!

e0162920_20314735.jpg


今月、3日をもって、私、ドバイで一年、乗り切りましたー!!
わーい!! パチパチパチ・・・!!
一年の終わりに書く事は、もう決めていた。

実は!色々と仕事の事や友達の事とか(主にバリニーズガイ)、しょうもないことばっかり書いたけど、この一年、なんと言っても一番頑張ったのは、恋愛でした(笑)趣旨が外れちゃうので書かなかったんですが。

既婚者子持ちに心ときめいてやがて現実を知り、気違いの元彼がドバイまで追って来たり、彼女持ちに恋に落ちて略奪愛を計るも、実は婚約済み。三者面談になった末(世の中、こういうことって本当にあるんだな、って思いました)、やっぱり破れ、狂気が炸裂して泣いて、大騒ぎして、酷く消耗して体調を崩し、救急車まで呼ばれ、スパキング(客室)で人生初のファック・ユーを叫び・・・相棒のめぐたんに

「一体千夏はドバイに何しに来たんだろうね・・・」

と言われる始末(もう、これ、トラジャルの日記じゃないよ・・・)

全力で頑張りました!!(アホか)

そうして一番消耗した時に、実はいつも一番近くにいた親友に、急速に、それでありながら自然に、平和に、深く深く恋に落ちた。

兎にも角にも完璧な人で、私はこの人の欠点を一つだって言えない。

幸せな日々は今もまだ続いている。

今後の事は、なんで?と言われるとコレと言うはっきりした理由は言えないのだけれど、敢えて言うなら、もう少し勉強しようと思い、社員にもなった事だし、私はもう少しドバイに残る事にしました。

元々日本と自分が合ってない!!と思って飛び出した物の一年も立つと、何か自分のハートががガムのような物で日本から引っ張られているんじゃないかと思うくらいに、祖国は恋しい。

でも、もうちょっと、もうちょっと頑張ってみようかと思っている。

ホテルはハイシーズンになり始めて、少し、光が見え始めた。新人が来て、少しずつビジネスが行き交うようにもなってきた。少し涼しくなって来た。ただ、それだけだけど、もう少し光の中にいたいのかもしれない。

なんか、このブログをどうしようかと思ったんですけど(一年経ったし、もうインターンでさえないし。)文章書くの好きなので、ドバイにいる間は勝手に続ける事にしました(トラジャル的にはいいのか?!)

そんなわけでまだまだ宜しくお願いします(そんなに読んでいる人がいるとも思えませんが・・・)ちょっとこれからはもっとプライベートっぽく、ダーリンの話なんかも書こうと思います(いいのか?)

もう勝手にします(あっそ)

仕事の事を書くと、一ヶ月程の長期にわたってビジネスセンターに飛ばされた後、ようやくゲストリレーションに戻りました。相変わらずピンポンボール式に一日に何部署もカバーしますが、そのせいで会社から、日本で言う「縁の下の力持ちで賞」の用な物にノミネートされました・・・。

そして、来年の展望としては、まだまだ未開拓なコンシエルジュに手を付けて、各部署でクロストレーニングを積んで、本をいっぱい読んでもっともっと語学力強化!!を目指します。リスニングスキルも、もっと、もっとー!!

そして、バージュアルアラブでも食事したいし、デザートサファリも行ってないし、あとは頑張って大使館と戦って、なんとかビザを取得し、ダーリンに日本を見せたい!!そしてバリにも突入したい!!

仕事も、プライベートも、どん欲に頑張ります。

では、これからも宜しくお願いします〜。

e0162920_20324439.jpg


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-11-03 20:33
ずっと前に、友人と同じ本を買ってお互い切磋琢磨しながら読書をしていると言う記事を載せたと思うのですが、その後それがどうなったのかと言うと・・・破綻しました(笑)というのもですね、言い訳ですけど、本がもの凄くつまらなかった(笑)

まがりなりにも何年も英語を勉強しているのだから、辞書引きながらならなんとか一ヶ月に楽々一冊読めるだろうなんて思っていたのですが、語学習得に終わりが無いと言うのを身程に感じる程に、一ページ読むだけで、わからない単語が無いと言うことが無い!!

5章くらい読んだだけでノート一冊を使い果たした程・・・!!

英語の本を読むと言う事は思ったよりももっと大変だったのです。そうとは知らず、適当な本を選んでしまい、大変な苦痛を味わう事に。

元々日本語の本は大好きな私。日本にいた時は年間50冊くらい読んでいた。つまらない本というのは拷問である。時間をかけ、集中力を使い、つまらなかった時のあの行きどころの無いむなしさ、むかつき、最低である。

そして私たちが選んだ本は私が今まで読んだ中で、一番くらいつまらない本の部類でした。そもそも、あらすじだけ見たときは、この本は大変面白そうだった。日本語訳をするとこんな感じ。

「年齢も職業も違う7人の女達が、金曜日の夜になると、いつも同じアパートの一室に集まり、お互いの秘密を打ち明ける。誰もが金曜日を楽しみにしていた。だが、そこに男の介入が合ったとき女達の関係の歯車は狂い始める・・・」

なんか、面白そうじゃ無いですか...?!

でも、つまらなかったんです。ドバイクリークに投げ込んで捨ててしまいたい程・・・実際の本はあらすじはこんな風にして始まった。

「ある老婆がふるいアパートの二階に住んでいた。彼女は既に退役し未婚。毎日2階から通りの往来を見渡している。そこで二組の子連れのシングルマザーがお互い急がしそうに常に往来するのに気づくが、そのシングルマザー通しはすれ違いはする物のお互いの事は知らないように見える。そして老婆は立ち上がる。あるとき、彼女は二人の前に躍り出て言う。

「私が子守りをするわ(完全正体不明の他人なのに)」

もちろんシングルマザー達は断る。そして老婆は言う。

「じゃあ、あなた達、毎週金曜日の夜は私に会いに来なさい!」

そうして始まったのが、金曜日の集り・・・」

行かないだろ、普通、身も知らない他人の怪しい老婆の家なんか...しかも子供まで連れて・・・

それでも、私に足りないのは気力だ!とか、きっと面白くなるはずだ!!新しい本を買ってもまた同じ事になるだけ、お金の無駄遣いだ!!ストップ浪費!!(海外では本は結構高いのです。)と無理に思い続けて、相棒が完全に挫折した後もしばらく頑張ってみたのですが、とにもかくにも本当に面白く無い本と言うのは何のユーモアも無い上に、ただ、果てなく、完成されたつまらなさが永遠に続くのみである。苦痛である。

とにかくこんな事では勉強にならないので、色々私も考え直した。

・面白そうな本を選ぶ
・難しく無い本を選ぶ(無理はしない)
・少し読んでみて、読めそうな物を選ぶ
・一つのチャプターが短く、全体のページ数が少ない物を選ぶ(達成感に関わるので)

と言うわけで、これで駄目なら私のやる気が無いだけだ!!

と言って選んだのが、これ。

e0162920_17582535.jpg


ナルニア物語です・・・!!

薄い子供用の本でイラスト付き。全部で1から7までの本があり、一冊ごとは薄い。そして名作なのでこれが面白い・・・!!また、ファンタジーなので、一章ごとに話の変化が大きくて、ずんずん読める。所々のイラストも、「ああ、こういう状況か〜。」と、理解力を助けてくれるし、とってもお役立ち。

e0162920_17592768.jpg


そして語彙力については、子供向けだからと思って舐めているとこれがなかなかピリ辛。未だに一章読むのに一時間かかる。現在は既に三冊目の「The Horse and His Boy」を読んでいるんですが、少年が馬で旅をする巻なので、「いななき」「ひづめ」など、馬用語(?)も登場。侮れない。

将来的に自分がいななき発言をする必要は無いような気がするが、何かの際に会話にでない単語とも言えない(お客さんに乗馬をしたい人なんていう事もざらにありますしね。)

そして私的なポイントは、終わった本を何度も読み返す事!そうする事で、以前に調べた単語に「あれ、これ、なんだったっけ?」と必ず引っかかるので、そこでもう一度ノートを振り返って・・・を繰り返して、何度も同じ単語を目にする機会を増やす。ま、特にナルニアは7まであるので、作者の得意な単語は、各作品に共通して、何度も出てくるのもいい所だ。ま、これは、いかにも真っ向なA型戦法なので、いっぱい単語がわからなくても兎に角読み続けて、沢山の本を読み続け、理解力、想像力、リーディング力を培うなんて言う方法もあるらしいですが・・・

頑張って読んでます。

ま、敢えて言うなら、この本の難点は、ちょっと年代がふるいので、わからない単語を辞書で引くたびに、(古い)(やや古)、などと書かれている事が多い事でしょうか・・・

頑張って7冊おわらせるぞ〜!!

e0162920_18101.jpg


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-11-01 18:03