海外で働いてみよう!    トラジャルインターンシップ    http://www.trajal-internship.jp/ 


by intern5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

At the Top...!!

e0162920_23362331.jpg


うふふ。

噂のブルジュカリファ、世界最高の(高さが)あのビルに、登ってきましたー!!!

イエーイ!!

まあ、結構前の事なんですけどね・・・

そう、この建物はなんと、828m!!
(友人のめぐみ女史の言によれば、ハニワの語呂合わせにすると覚えやすい、そうです・・・。覚える意味、皆無ですが・・・)
展望台も世界最高の高さ!

会社のプログラムの一環で行って来たのでタダでした。イエーィ!というのも、このブルジュカリファ、無駄に入場料が高く、前日から予約する予約券は約3000円(しかも予約殺到でなかなか取れない)、当日券は、な、な、なんと12000円相当・・・!!ふざけんな!!払えねーよ!!入場料も世界最高かこの野郎ー!!

という心の叫びはともあれ・・・

こういう観光名所やツアー会社が、お客を集めたい時に、まずホテリアをただで招いたりする事があるんですね。というのも、こういった会社もホテルからお客さんに宣伝して、予約を取って欲しいから!なのです。

大体はコンシエルジュだけが恩恵に預かれるのですが、ラッキー・・・!(キラリ)

とはいえ、会社として招待されてるのでユニフォームのままのお尋ね。チームリーダー以上は黒スーツだが、それ以下は白服なので、若干浮いていましたが・・・白いシャツに、白いズボン、白いジャケットで白亜の宮殿と言われるうちのホテルだと、リゾート!ってかんじですが、ひとたびホテルを出ると、絵本の中からうっかり出て来てしまった人のよう・・・

さて、中に入ってみるとまずは、ミニチュアのモデルや、建築行程の構図、世界にある高層建築(エッフェルタワーとか)の、タッチパネルでの説明があります。
e0162920_23354729.jpg

そこからセキュリティーゲートをくぐって、歩く歩道。この歩く歩道が結構見せ所。というのも、ドバイの建国以来の歴史が私の大好きなカリグラフィーに彩られている壁画が見えるのです。素敵!!ビデオを撮ったつもりが、何故か写真になっていたと言う大ボケのせいで、結局ここに載せられる物はないのですが・・・そこは個人的に好きなパートでした。

其の後は登る前に、下からブルジュカリファを見上げられるコーナー。

e0162920_2337218.jpg


全員、見上げています(笑)
e0162920_2337484.jpg

というわけで、展望台に来たと言っても、なかなか登らせてくれません(笑)

エスカレーターを上って・・・
e0162920_23344374.jpg

ようやくエレベーターがあった!!

このエレベーター、乗った瞬間にアバヤに身を包んだガイドさんがひと言。

「Are you ready to fly? (みんな、飛ぶ準備はできている?)
ここでは飛ぶ準備が出来ている人しか先には行けないのよ・・・!」

Yes!! We are ready!!

このエレベーター、世界最速。登っているうちに飛行機に乗る時のように耳の中の膜がが見る間に圧力で押されて行く。ビートの利いた音楽に、イカしたライトの演出で盛り上がるエレベーター内。さながら気分は軽くディズニーランドのシンデレラタワー風(なんだそのわかりにくい例えは。)

ライトが全て白に変わり、扉が開いたー!!

来ました!!世界最高の展望台に!!

と・・・あれ・・・?えーっと・・・・

e0162920_23351777.jpg


はい、そうなのです。若干がっかりレポートなのですが、ドバイはたいていの建物が建設中なので、見える景色は砂漠、砂漠、砂漠。最寄りのスーク・アル・バハーとアドレスホテルや、メインの道路に沿って、砂漠の真ん中に蜃気楼のようにニョロリと不自然に立ったタワー群。

うーむ・・・・さすがドバイ・・・何とも不思議な光景。全部あるのに、何も無い。

なお、ここには世界最高の高さの(いちいち世界一)テラスもあるのですが、いかんせん太陽に近いので。冬だったのに、暑い。夏なんてどうするのだろう・・・。

おばか男子群は望遠鏡で、アドレスホテルのプールでのビキニレディーを探し出す始末。
高校生かよ!!

仕事を少し抜けていつもとはちがう、遠足に。面白かったー。


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2010-06-17 23:39

日本の男は最低?!

いつものように日本人のチェックインをした私。その時刻は夜中の二時(夜勤)
唐突に他のデスクにいた韓国人の同僚はいきり立った。

「一体あれはなんなのよ!!」

ななな、どどど、どうしたんだ?

「日本人の男って本当に最低!!」

ああ、またか・・・そう、そうなんです。日本人男性、評価低いです。日本人女性は色々と気がつくし、働き者で、小さくておとなしいので割とモテるのですが、日本人男性はべらぼうに評判が悪い。

今回のチェックインもそうだったのですが、奥さんが子供を抱え、ベビーカーを押し、自分の荷物(大きめのハンドバック)も抱え、夫は自分の荷物をベルマンに預けたら手ぶらで喫煙!!(ちなみにドバイでは公共施設での室内喫煙禁止です)チェックインの時に保証に出すクレジットカードも奥さんの財布から出て来た。

ようは、女にそんな、彼女の言葉を借りると「奴隷のような」扱いをさせるのが信じられないと言う事な訳です。

「韓国人と付き合ってみてよ。韓国人男性は凄く女性を大事にするし、小さなハンドバックだって彼女の為に運ぶのよ。あんなことは絶対にさせない。」

そう、私も実際に比べてみたのですが、日本人男性、世界的に見ると、かなり微妙です。というのも・・・

・プライドが高く、上から物を言う若干ボス的。
・細かくて繊細。ガラスのハート。
・デートで割り勘も割と常識(ヨーロッパでは、まずあり得ない)
・料理が出来ない(フィリピン人、インドネシア人は料理なんてお茶の子さいさい)
・家事の手伝いはほとんどない(フォローでゴミ出しとかはするよ!!と言ったらより批判の目を浴びられる事に)
・「愛してるよ!」なんて言うのはせいぜい記念日くらい。甘い言葉は少なめ。
・小さい(なんと言ってもこれはトドメである)
・女でもないのに、小さいバッグをもってたり、ヴィトン持っていたり、特に眉毛を剃っているのが気持ち悪い(眉毛剃ってる男性は日本人くらいしかいないようです。)

いい所無いのかよ!!って思うでしょ?

ないんですよ!!日本人男性を押せるポイントが!!韓国人の彼女曰く、

「でも、日本人は韓国人に比べてイケメンが多いよね。」

とのこと。でも、そんなのヨーロピアンに比べたら、モデルと凡人くらい違いがあるし・・・

敢えて言うなら、物価が高い国だし、教育水準は高いから、頭はそこそこいいと思うし、稼ぎはいいけど、それはあくまで日本だったらの話。あとは、勤勉で、誠実で、物事を諦めない事かな。固いけど、そこがちょっと日本人っぽい。

というわけで、話の結末は

私「全くその通りだよ!私は日本人の男とは結婚しないから!」
同僚「そうだよね。あり得ないね!!」

ということで、話が終わった。

頑張れ、日本人男性!!


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2010-06-15 22:32