海外で働いてみよう!    トラジャルインターンシップ    http://www.trajal-internship.jp/ 


by intern5
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0162920_1125219.jpg


やはりホテリアたるもの、他のホテルもしっかりみておかないとね・・・!!というわけで、行って来ました・・・。噂の・・・ワン&オンリー ロイヤルミラージュへ・・・!!

元々、前にいた私の日本人のチームリーダーも、私の元ルームメイトも以前ここのホテルで働いており、働いていた彼らでさえも、
「beautiful hotel !!」
と言っていたくらい。とても興味は津々でした。日本では神田うのさんが新婚旅行で来た事で結構話題になりましたね。

うちのホテルはドバイクリークに面していて、確かに景色もよく、設備も大変綺麗なのですが、どちらかといえば、空港に近いので区分としてはシティホテル・・・。美しいホテルとしてかなり自信はあったのですが、ここのホテルに来て愕然・・・!

う、う、美しいー!!

e0162920_115344.jpg


私のホテルは、どちらかといえば、景観がメインの美しさ、建物はその次の美しさ、という感じですが、このロイヤルミラージュは、もっと手の入った美しさ・・・!!例えばこの薔薇の噴水とか・・・!!所々にある生け花のアレンジの大胆な華美さ、各場所に備えられた一つ一つの椅子のチョイス・・・!!お金、手間、愛情のかかった美しさなのです・・・!!

美すぃー!!
e0162920_1185224.jpg


そして、このホテルとっても広いんですね。くるくる見て回っていると、間違えてバンケット会場に踏み入ってしまった・・・。レセプションでもらった地図を元に近くにいた人に現在地を尋ねると、其の人はバンケットマネジャー。

とても丁寧に説明してくれて、しかもとってもフレンドリー・・・!!うちのせかせか忙しいバンケットマネジャーとは大違い。

「ドバイはどう?ここのホテルに泊まってるのかな?」

との質問に、別にスパイをしているわけではないが、ただの見学者として彼を煩わせているのが申し訳なく(しかも自分もホテリアなのに)正直に、実はパークで働いていて、今日は飲みに来たついでにホテルを見学している事を説明。

正直、こういうお客、うちのホテルにも来るのですが、ひとたび来るとゲストリレーションがホテルを見せて回らないと行けない上に、ホテルの利益になるでもなく、かつ、タダでさえ多い仕事も終わらせないと行けないので、「ちっ、この忙しい時に~!!」って、やはり思わず思ってしまうのですが、彼は全くそんなそぶりも見せず、終始笑顔・・・!!

「そうなんだね~!せっかく来てくれたから、本当は僕も案内してホテルの中を色々見せてあげたいんだけど、残念ながら、僕はここにいなくては行けないからできないんだ。でも、ゆっくりしていってね!最高の休日になる事を祈ってるよ!」

とのこと・・・!!

あなたの笑顔が・・・ホスピタリティーが・・・眩しいー!!

ホテリアの格差を感じました・・・うちのレセプショニストなんてチームリーダーでも面倒な事を客に頼まれると、客の前でも舌打ちしてるのに・・・

結局その後、ホテル内のバー、ルーフトップバーで飲んだのですが、これまたソファも雰囲気も最高にリラクシング・・・しかもウェイターがこれまたとってもフレンドリー・・・!二人いた、ガブリエルさんもライアンさん(さん付けだとちょっと変な感じ)も色々気遣って話しかけてくれ、とっても親切。毎日聞かれているような質問もちっともはしょらずに説明してくれた。

てめえ、食い逃げ済んじゃねえぞ・・・・とばかりにスマイルゼロ円精神を忘れてチーマーのごときガンをきかせてるうちのバー店員とは大違いですYo!!

そもそもこっちが思わず店員の名前を覚えてしまうって凄いと思う。 やはり自分がホテリアとしてどんなに親切にしようとしても、本来その仕事はお客様が主役で、私たちはそれを演出するいわば黒子のような物。個人として人の印象に残るってとっ~ても難しいのです。

最後に、
「きっとまたあえるって信じてるよ・・・!気をつけてね!!」
でバイバイした。

すげえっす。このホスピタリティー!!絶対行きますって思わず言っちゃいましたからね。

ホテリアたるもの見習わないといけないですね・・・!


e0162920_1172310.jpg


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-08-29 01:20

スタッフパーティー!!

暑い。

本当に暑い。

日本を出るときは、ドバイくらいの暑さなんて、わたしのこの情熱の熱さに比べたら氷みたいなもんよ・・・!!ちょろいぜ!

などと勝手に思っていたのですが、愛と戦いの生き物である私の情熱もかすむ程に、情熱で煮えたぎった私の血が沸騰し、管に焦げ付き、灰と化してちり行くように・・・暑い(しつこい)

そんな暑い中、なんと、今、私、20日間の有給休暇に突入しました〜!!わーい!!(あと十日残ってます♪)

というわけで、いままで忙しくて更新したくても出来なかった事なんかをぼちぼち書いて行こうと思います、わっはっは。外でてもする事無いからね・・・30秒で汗が出て5分でマラソンランナーの出来上がりです。エアコン無かった時代ってどんなだったんだろう・・・

割とアラビックはキレるのが早い人種なのですが(とはいっても、溜めるだけ溜めて後でまとめて仕返しする日本人とどちらがマシかは微妙な所・・・)そんな中で生活しているなんて意外と忍耐強いのでは・・・?なんて思ってしまう。もしくは外が暑すぎて議論している暇がないから、とっととキレた方が早いのか?

そうそう、話が全然変わりますが、実は6月の後半にスタッフパーティーがありました。本当はパークはパークだけで、グランドハイアットはグランドだけで毎年開催していたのですが、まあ、景気もよろしく無い事ですので、今年はグランド、リージェンシー、パークの3ブランドが一度にグランドに集結して大規模なパーティーでした。

私は一番かさばらない、お気に入りの、背中がまるみえのドレスを思いきって着て行きました。ドバイだからそんなの、みんなドレスアップすんだろ、って思っていたら、そこはかなりまちまちで、ガイズはやはりTシャツにGパン、ドレスアップしている人は3割くらい。そして、一体何の為か全くわからない、コスプレをしている人もいた・・・一体何処なんだここは・・・何故なんだ、お前は・・・

e0162920_6302894.jpg


背中なんて出しちゃってるのが珍しかったのか、なんだか、知らない人にまで、一緒に写真を撮ってくれと言われる有様で、私もコスプレでもしているかのような気分でした・・・。お前、誰やねん!と、無駄に時々ツッコミを入れても、ドバイの合い言葉「ノープロブレム!!」という言葉で流され(会話になってないし・・・)次々と写真を撮らされた・・・。

イベントとしては、ガイズが歌ったり、グランドの人が踊ったり、気がついたら、パークの総支配人と副支配人もサングラスにスーツで踊っていた・・・そんなファニーな人達・・・

左から、タイ人の子(名前忘れた・・・)サンジャヤ(バリニーズ)セリー(コリアン)私(日本人)総支配人(ブリティッシュ)タメル(エジプシャン)エマッド(エジプシャン)手前がアフメッド(インドネシアン)この他国籍ぶりが、ドバイって感じっしょ?(笑)


e0162920_6134523.jpg


普段はお金があんまりないから飲まないインド人もここぞとばかりに飲んで隅で吐いてたり、めぐみせんせいは、後のち、ガイズの一人から、
「スタッフパーティーでの君は美しかった・・・!
 スタッフパーティーでの君は美しかった・・・!
 スタッフパーティーでの君は美しかった・・・!」と7回書かれたメッセージをもらったり・・・

結局は普段一緒に働いている、いろんな人と挨拶して、写真とって、お酒飲んで、そんな一日。日本で言う忘年会みたいな感じでした。

最後は真ん中のホールが、ダンスホールのようになってプチクラブ状態に・・・!

e0162920_59741.jpg


暑い、熱い夜だった!!

写真は一番大好きなスリャワンとフレディ。酔っぱらって絡んでくるよくわからない人から守ってくれた。いつもありがと〜!!
(ちなみに最終的にスリャワンその人が酔っぱらってよくわからない人になっていた・・・)

e0162920_6143650.jpg


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-08-06 06:40
どうでもいいんですが、日本にいた時に日本人の友人に、
「私が英語圏の人間だったら、名前は何だったと思う?」
と聞いた所、どうも私はジャネットっぽいらしい。

さらにどうでもいいんですが、エジプシャンに聞く私がアラビックだったら、のアラビックネームは、
「シュシュ」
らしい。こっちはお気に入り。

バリニーズのスリャワン氏にバリニーズネームをつけてもらおうとすると、
「千夏はどこへ行ったって千夏だよ。うふふ〜、変な千夏〜。」
と言ってギターをかき鳴らしながらどこかへ行ってしまいました・・・。いや、そうじゃなくてね・・・。

さて・・・お仕事の内容ですが・・・私の一日を具体的に書いてみましょう。昔は3人で回していた所を、1人で回しているので、大忙しです。

朝来たら、朝礼に参加して、引き継ぎや本日のイベント・新規キャンペーンのハイライトをみんなで確認。毎日簡単なトレーニングや、テストもある。

トレーニングが終わると、私はゲストリレーションの仕事開始!

本日のお客様の到着リストを一通り確認し、矛盾がないか(男二人なのにキングサイズベットとか)お客様希望がきちんと通っているか、(実はゲイだったので、そのままでよし、とか)アメニティーがきちんとVIPに配備されるかどうか(しかも実はハネムーンだったとか)を確認します。部屋の割当も私の仕事。出来るだけ、全てのお客様の希望通りになるようにする。これがすごく難しい上に責任重大。

兎に角パークは部屋数もそんなに多く無いし、稼働率が低くても、使わない部屋の電気を止めたりなどして、物理的に使えないようにしてしまうので、常に完全無欠には割当は出来ない(何処のホテルも同じだと思うけど)

そもそも私のまだ浅い人生経験上、パークみたいな高級ホテルにぼかすか泊まってしまうくらいのお金持ちになると、やっぱりこだわりのある人というか、偏屈な人が多く、1階でないと飛び降りるだの(勝手に飛び降りればいいのに・・・)1407じゃないと嫌だだの、自称VIPでアップグレードをせびる輩等、なかなかすんなりいかない。まあ、そのこだわりゆえに財を築いたんでしょうが・・・(何でもいいよ、何とかなるよ、というバリニーズガイはだからお金がないのかも)

そして、次は、総支配人からVIPへのウェルカムレターがきちんとそろっている確認し、足りない分を秘書に頼む。秘書が休みの場合は、直接総支配人に頼みに行く(距離が近いです)

この後、部屋部門のダィレクターやマネージャーが部屋の割当をダブルチェックするミーティングを開くので、ここで部屋が確定する。この間はチェックイン・アウト等を手伝って待機。

ミーティングが終了したら、今度は本日到着のVIPの誰にどのアメニティーが行くのかを書いたリストを印刷し、ハウスキーピングとルームサービスに渡し、軽く打ち合わせをする。

その後はVIPの到着予定時間に合わせて、ハウスキーピングに部屋を掃除してもらい、準備が整ったら、プリ・チェックインをし、本番チェックインがスムーズに行くようにする。それが終わったら実際に部屋まで行き、アメニティーが配備されているか、部屋がきちんと整っているかをチェックしに行く。ちなみにVIPの到着は一日平均10人くらい、一番遠い部屋だと、受付から徒歩5分なので、かなりホテル内をうろちょろする事になる。

夕方になったら、ディレクター、アライバルチェックと明日の到着を一通り予習し、部屋の割当を行う。

その後、一日10人くらいのVIPに滞在でのフォローアップとして、電話をかけ、何か手伝える事がないか、困っている事は無いか聞く。これを、Courtesy Callと言う。

VIPの到着に立ち会えた場合は、到着と同時に部屋までエスコートし、お部屋の中でチェックイン。とってもスムース。

ここまでやっても時間が余ったときは(殆どないけど・・・)プールやラウンジに行ってお客様に声をかけて、滞在の具合を尋ねる。もう、これが、なかなか勇気がいる。
「ハーイ、My name is Chinatsu from Guest Relation !!」と言って、身も心もジャネットになりきって、すっかりドバイにはうんざりなんて言う心はひた隠しにし、私は千夏ではなくジャネット!と、ガラスの仮面をかぶり、万年うきうき野郎になりきって乗り切る。

その他、バースデーのフォローアップをしたり・・・など、細々ありますけどね・・・

一日の終わりに、明日のアーリー・チェックインの支度・部屋の割当・各部署への引き継ぎをし、本日行ったCourtesy Call や会ったゲストの情報をマネージャーに報告レポートをメールで出して終了・・・!!

忙しいっす。

これがゲストリレーションの一日・・・

ふゅー、毎日忙しいぜぇ。

058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-08-02 22:13