海外で働いてみよう!    トラジャルインターンシップ    http://www.trajal-internship.jp/ 


by intern5
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私の大親友について



友達大好きな私。日本にいたときも、一人じゃ何も出来ない私を支えてくれたのはいつも親友達だった。日本を出る時に、私はこの人達無しでひとりでやって行けるのか・・・?!と思い、

とも〜!!修作!!栗ちゃん・・・!!ともぴー!!のどかー!!

と泣く泣く親友達を後にしたのだが(情けなさすぎ)所変われば、新たな出会いもあるわけで、幸い地球の裏側でもまたまた大親友に恵まれた。日本人のめぐたんにはもう、頭が上がらない程お世話になっていますが、今日は国籍が違っても仲良しなバリニーズ二人を改めて紹介。

まずは、ミスターピュアのスリャワンさんです・・・!!ぱちぱち。

純粋きわまりないスリャワンに対して、彼が純粋な分だけ、何故か私は酷く残酷な気持ちになる日がある。あるとき、何気なくバリ人の特質について言及するつもりが、ついついきつい言い方に。

「だいたいさあ、バリ人っていうのは努力をしないよね。例え昇進の機会があってもここぞとばかりにつかまずに待ってるだけ、成り行きまかせなところがあって、自分でチャレンジしないよね。」

何もそんな言い方をしなくても良かったのに・・・!!私の馬鹿馬鹿〜!!と思っていると・・・

「千夏、それはとても考察深い考えだね!」

などとピュア100%な回答が・・・

「ごめん、なんか私言い過ぎたね・・・。」

結局私が気づいて自分で謝ってしまう。

「いや、それはとても的を得ているよ!千夏はとっても観察力に長けているね!!」

などとなり、ピュアと言うか、彼が大人なんだと思うが、もう、言い争いにさえならない。彼は絶対に人の言う事を悪く取らない。すごくポジティブに取って、逆に人を褒めたりする。

また、ある時、360度回転する展望レストラン(ハイアットリージェンシーなのでスタッフディスカウントあり・・・!)に行くと、

「千夏、これは僕たちが動いているのかな、それとも、壁が動いてるのかな・・・。」

とひと言。ちょっと馬鹿すぎな気もしますが・・・

「いや、景色が動いて見えるんだから壁だけ動いているわけ無いでしょ・・・!!よく考えてよ・・・!」

とまたしても後悔するのは自分なのにきつい言い方をしてしまう私。うお〜!!なんで私はこんな意地悪なんだ!!と行った瞬間に気づいてももう言葉は取り戻せない。そんな時のスリャワンのひと言。

「千夏はとっても頭がいいよね・・・!僕はそうでもないから、よくかんがえてみないとわからないよ。千夏は本当に凄いね。僕は、千夏なら、将来どんな仕事についてもきっと成功するって信じて疑わないよ・・・!」

これ、ちなみにいやみじゃなくて、心から感激!みたいな言い方をする、彼は。私の人生で出会った中でも、ナンバー1くらい人間で来ている人です。フレディーも彼がベストだね、とよく言っている。

いらいらして、私の態度があまりよくなくて、後で謝っても、

「千夏は疲れてるんだなって思ってたよ。だから大丈夫だよ。」

とか言う。ガンジー?

お次は驚愕のフレディ。

何が凄いって、この人のフレンドリーさは世界に広がる。始めたあったときから既に彼は笑顔だったし。ホスピタリティーのバリニーズ代表。彼はプールバーで働いている。

うちのVIPでなかなか気難しいドイツ人の方がいて、ダイレクターも手を焼いている人がいるのですが、そういうお客さんを見ては、

「Hey, Dr. Green (仮) ! What's up ?!」

と言っているのを発見。わたしく、ゲストリレーションでプールで挨拶回りをしていたので大変びっくりしまして、ぬお〜!!!貴様!!VIPにワッツアップかよ!!なんてことをぉー!!と思ってものすごくひやひや。

「いやー、この暑さは年に答えるね。」
「まだ若いっしょ、このこの〜!!」
客の脇腹を小突くフレディー・・・っていうか、脇腹の肉を、つまんでいる・・・!!

「(フレディーったら〜!!その人はダイレクターのお客さんなのよ〜!!)」

「そんなうまい事言ったって、チップあげないぞ〜。」
「あはは、がっかりだぜ!!」

「(正直すぎだろ・・・!!がっかりすんなって、フレディー!!お前の未来は明るいから!!)」

その後暫く話していたようなのですが、お客さん、終始笑顔。最終的にはなんと100ディルハム(約3000円)のチップを貰っていた・・・おそるべしフレディー・・・

その後も・・・

「いやー、プールサイドでチョコレート食べようと思ったんだけど、コレじゃとけちゃうねぇ(ちなみに某高級チョコ)」
「冷蔵庫で冷やしといてあげるから、一緒に食べよう!」

「(お前が食うなよ!!)」

「君、面白いね〜。いっそ箱ごとあげるよ。」
「ラッキー!サンキュー!」

などなど、映画チケットを貰ったりしたときもあり、おこぼれちょうだいでスリャワンと3人で見に行った事も・・・。一度レセプションにフレディーが新聞を取りに来た時、お客さんがフレディーを発見し、

「いえぃー!!フレディーじゃーん!!ヒュー!!クールだぜー!!」
と大興奮し、ディレクター(かなり偉いです、ちなみに・・・)も唖然としていたこともあるくらい・・・

「ま、これがフレディーっていう男よ。」
「フレディ〜!!」
「最高だね〜!!すごいよ、フレディ〜!」

と、ことあるごとにスリャワンと一緒に崇拝している。ちょっと真似は出来ないけど陰ながら尊敬しています。

結局何処に行っても親友に支えられて、相変わらず私は一人じゃ何も出来ないって言う話です(笑)

e0162920_3202482.jpg

058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-10-18 03:21

海外から見た日本人客


一体、日本人客はどういうふうに見られているのか、私がドバイにいて思った事を書いてみます。

始めの頃は日本人客を見ると、何か役に立てる事はないかと思い、電話をかけたり、超積極的に話しかけたりしていたのですが、最近は正直、すっかりめんどうくさい。自分も日本人だからわからない事は無いのですが・・・とにかく人気は低いです。

①日本人は英語が喋れない。

兎に角、フロントオフィスに、緊急用辞書なんていうファイルがあるくらい、日本人は英語が喋れない。6年間も教育を受けているのに恥ずかしい限りである。ちなみに英語が喋れない民族のナンバー3は、ロシア人、日本人、トルコ人だと思われる。

でたらめな英語でクレームを付けたお客さんの英語がわからないため
「ちょっと、千夏、この人達の英語全然わからない。」という客前での露骨なヘルプ依頼に、日本語でもう一度私が話を聞くことになり、その頃には怒りが倍増している。
他のホテルで予約を取ろうとして相手のホテルが、「全然わからないんだけど、おたくのホテルに日本語スピーカーいない?」と言って助けを求めてくる事もままある。

②とにかく日本人は手がかかる。

英語が喋れない日本人が日本人従業員に取る態度はハイエナに似ている。全てのインフォメーション、ベネフィットを取りつくそうと、全く離してくれず、酷い時は一日同じお客さんから10回以上電話がかかってくる事もある。予約の一つも自分では出来ないのでほとんど秘書のようになってしまう。そしてもちろん、全く悪気はない。しかし、どんなに尽くしても、もちろんチップは無い。これはかなり同僚から哀れがられる。

③クレームは後から言う。

その場でキレない日本人は後からねちねちクレームメールを書く。後から言われても、一体どうしていい物なのかホテル側も困り果てている。もう一度来てくれた場合は、ホテル側も名誉挽回をしようと思って頑張るが、そうでなければアウト。しかも、「こればあれば便利なのに!!」というコメントの大半は実はホテルにあり、「今から言われたってどうしようもないのに、日本人はなんであとから言うんだろうね。」と、同僚によく聞かれ
る。

④細かい、繊細

他の国のお客さんだったら、そんなこと!!と思うような事を日本人は気にしてしまう。思いもよらないちょっとしたことからクレームが来てしまう。

。。。なんだか日頃の恨みが募ったような日記になってしまいましたが、いい所ももちろんあります。

⑤日本人ツアーのガイドは面倒見がいい。

兎に角、ツアーと言うものは日本人が海外で何も出来ない事をわかりつくしているので、細部まで詳細があり、とにかく面倒見がいい。

⑥キャンセルをしない

日本人は律儀であり、前もってプランを立てたらあまり変更をしない。
予約状況が売り上げに出やすいスパでは、日本人は大人気。

⑦怒鳴らない

叫んだり物を投げたり、そういう無礼な事はしない。また、行列になれているからか、ちょっと、遅いんだけど!!といって割り込みしたりもせず、おとなしく待っている。
始めから怒鳴ってクレームを付けるのを見たら、日本人ではなく、韓国人。

⑧日本語を喋れる外国人に感謝をする。

一生懸命日本語を喋ろうとする外国人には酷く感謝をする。また、チップの文化が無い分、予備知識が無いため、必ず地球の歩き方に従う為か、ハウスキーピングの為には必ずベットサイドにチップを置くため、ハウスキーピングアテンダントは日本人客の掃除をするのが好き。

⑨部屋を汚さない。

宇宙人襲撃のように部屋を汚して帰る日本人は殆どいない。立つ取り跡を濁さず・・・。

⑩同じ民族(日本人)に対する親しみが深い

英語がペラペラの人でもやはり日本人同士の方が聞きやすい、親しみやすい所が多いらしく、わざわざ挨拶してくれたり、たまにお土産をくれたりする人もいる。やはり同じ民族同士、仲良く、というのは日本でも同じ。

⑪秩序を守り、文化を尊重する

ルール等はきちんと守る。無茶苦茶なリクエストをしたり、国の法に触れるような事はせず、慎重で、おとなしい。タブーはきちんと避ける。酔っぱらってロビーで叫んだりするのは、もっぱらヨーロピアン。

番外編:ジャンピング・プレー

日本人はハネムーンでも夫婦でも、兎に角TWINを予約する為、日本人の新婚初夜は二つのベットを使った特殊なジャンピングプレーをするというまことしやかな噂がある。一度朝礼でマネージャーがジャンピングプレー伝説のジョークを言った所、その話が同僚に広まり、個人的に、

「それは一体どういう物なんだい?」

とこっそり聞きにくる人が絶えず、返答に困りかねている・・・。


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-10-09 01:24

青木が来た。

青木と言う女がいる。


もはや人間と言っていいのか、動物と言っていいのかわからない種別だが、とりあえず生態系分類としては人類の雌に属するらしい。

9月の断食期、昼にはレストラン皆無、外を歩けば40度以上、湿度100%と言う中、唐突に
「航空券、取ったから。」
のひと言で、泊まる宛無し、する宛無しのまま、航空券だけ取り本当に来てしまった女だ。わたしの中で、暫定ナンバー1KY。

というわけで、あの、あの、トラジャル説明会続出の、日本代表KYの、青木花織、ドバイ来ちゃいましたーーーーーーーーーー!!

いやー、本当に来るとはね・・・。

というわけで久々にベタな観光をしてみた。

e0162920_23421513.jpg


ドバイモール、エミレーツモール、ルメリディアンホテル、ウェスティンホテル、アトランティス、ロイヤルミラージュホテル、マディナジュメイラを見学して、ゴールドスーク、スパイススーク、アブラに乗ってオールドスーク・・・ワイルドワディ(ウォーターパーク)ではしゃいで・・・

そして最後は・・・もちろん・・・あたしのホテルっしょ・・・!!

パークハイアットドバイへ、ようこそー!!

e0162920_23425222.jpg


いやー、本当は自分のホテルはお金貰っても泊まれない事になっているんですが、あの青木が来るならと思い、「私の従兄弟が来るんです・・・!!」と言ってダイレクターに許可を貰い、レートも値切りました。

自分のホテルなので案内も慣れ慣れ。働いているとやっぱり、ストレスが溜まって、
「何よ、パークなんて馬鹿!!」
なんて思ったりするのですが(きっとどんな美しいホテルで働いてもそうだと思うのですが)案内していたら青木氏、めぐたんに、青木氏の友人まで
「わー!綺麗ー!すごい!!」
などと言ってくれて、なんだか初心に返る思いでした。そういえば私も始めもこんな風に感動してこのコリドールを毎日笑顔で歩いていたなあ、とか。

部屋に入ってからもみんなでキングサイズベッドにボスン!!
(3人とも小さいのでキングで十分なのです。できているわけじゃありません。)

夜は本当はうちの超豪華レストランで食べようかと思っていたんですが、お土産の買い出しも含めて最寄りのシティーセンターに行き、結局マック(笑)

お客さんでマックなんて食べている人、まず見た事無い(笑)

e0162920_23524834.jpg


留学する人って結構考える所に共通点があったり、やっぱり同じ経験をしていると、お互いの話も面白い。自分がしたい事、でも、どうしたらいいのか、わからなくなってしまうこと、迷ってしまう事。夜中に3人でいっぱい話した。

普段はただの空気読めないちゃんなかおりが天使に見えるくらいいっぱいアドバイスを、スピリッツをくれて、もっと頑張ろう、とか、もっと挑戦しようとか、いう当たり前だけれど忘れていたことなんかをいっぱい、思い出した。自己啓発セミナー帰りのフレッシュサラリーマンように、ぱあって頭の中に光が差したような気分になって、めぐたんと二人で手を取り合って、それぞれの目標を再認識した。

来るのかよ!!来るなよ!!から始まって、最後は、もう行ってしまうのか!!で別れた青木。やっぱりただ者ではなさそうです。

あともうちょっとで一年!!先はまだ決まらずとも、頑張って乗り切るぞー!!

e0162920_23553346.jpg



058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-10-07 23:55