海外で働いてみよう!    トラジャルインターンシップ    http://www.trajal-internship.jp/ 


by intern5
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:インドネシアン ( 1 ) タグの人気記事

e0162920_17304162.jpg


ニックはいつもまっすぐ前を見る。誰よりも心が純粋で、そして繊細で、きらきら光る脆いガラスでできた、ぎりぎりの細い美しい線のような、綺麗な男の子です。なんだか、その綺麗さは日本人がとうの昔に無くしてしまったりしたものであったりもして、宝物や宝石みたいな人でもある。うまく形容できないけど。

誕生日に携帯電話が壊れてしまったニック。
「誕生日なのに、がっかりだね」と言うと、
「そうでもないよ。まだ生きてるもん。」

ニックはつまらない愚痴なんて言わない。どんな時も。

「どんな女の子と付き合いたい?」と聞くと
「シンプルに、女の子だよ。その子の性格がどんなでも、ぼくはわかってあげるために努力をするし、絶対に守ってあげるよ。」

わたしは、そんなに尊い言葉を聞いた事は無かった気がする。
ニックは心に尊い物を一杯持っていて、それは時々言葉として溢れ出す。

「ニックはヒンズー教だよね。わたしは無宗教だけど、それを間違っているとか、他宗教の人を見て、どんな風に思うの?わたしはよくわからないんだ。」と言うと
「間違っているなんて思わないよ。僕たちはね、学校で一番始めに習うんだ。それぞれの宗教をけなしたり間違ってるって思わずに、お互いを尊重しあうようにって。」

日本の教育はレベルが高いと思うけど、それを聞いて、一番大切な授業を日本の義務教育は欠いているんだな、と思わずにいられない。

「朝から何も食べていないけど、なんかお腹空かないんだよね。」と言うと
「それは健康によくないね。じゃあ、僕はもう食べたけど、千夏の為に何か作って一緒に食べるよ。そうしたら千夏も食べるでしょう?」

というのもニック。涙が出るくらい優しくて、辛いくらいだ。

「ねえ、たぶん千夏は変に思うだろうけど、僕は実家のバリに帰る時は、お父さんと一緒の布団で寝たり、お母さんと一緒の布団で寝たりするよ。でも、全然恥ずかしいなんて思わないよ。」

そうだね。わたしももし将来息子や娘が生まれたら、そういう母親でありたいなあ。
同じ家族なのに、成長したからって一緒に寝たら恥ずかしいって、そういえば、誰が決めたんだろう。

「そうやってお母さんやお父さんと一緒にいるとね、ぼくはもう25歳だけど、それでも、まだ子供の気持ちになるんだ。でも、それはとてもいい感じだよ。」

e0162920_17353430.jpg


そしてニックは今日もギターと一緒に言葉を乗せる。時々あまりに彼が真摯なので、私はいつかそれがぶっつりキレてしまうのではないかと心配になるのだけれど。絶対そのタイミングは見逃す物かって思っている。何かあったら、私だって守ってやるんだって思っている。かつて私でさえも失ってしまった、その尊さを。

058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-04-05 17:37