海外で働いてみよう!    トラジャルインターンシップ    http://www.trajal-internship.jp/ 


by intern5
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ダーリン ( 4 ) タグの人気記事

e0162920_2110535.jpg

私のすぐ側で、マルチ言語取得を目指す物がいる。其の名は、ミスター、スリャワン!!

この人はとっても不思議な人で、私より英語の発音は悪いし、英語もよく間違うのに、一緒に映画に行ったりすると、私より断然聞き取りがいい。ドバイのテレビは、色んな言語があるのだけど、聞いているだけで、それが何語なのかわかったりする。ドイツ語、イタリア語とか、中国語、韓国語。そしてどの言語でも簡単な挨拶+超初級の会話は出来るのだからもなかなか凄い。

そんなスリャワンの日本語勉強歴はなかなか長い。簡単な会話なら出来る。私がドバイに来た時から、日本語を教えて教えて、と言っている。

ちなみに私は最近一時帰国した時に、英語の家庭教師を短気でやらせてもらった。人に教えると言うのはなかなか興味深い事だ。初めての経験だったので、楽しみながらやらせてもらった。生徒も先生も人間だから、相性もある。勉強なんて言うのは特に高校生あたりに取ってはつまらない物でしかない。一時的なおしこみ勉強よりも、なんとか英語の面白さを少しはわかってくれたらと思って、知り合いの子供ということもあって、私なりに好きに自由にやらせてもらった。次に来た時この単語覚えてなかったら、そこで一個間違えるにつき、腹筋十回等言っていた。

ところでどうしてこの生徒、非常に頭がキレる。やれば人一倍できるのに、どういうわけかやる気だけがない、という生徒だった。私も割と似たタイプの生徒だったので気持ちがわかってしまい、かといって、どうしたらいいというアドバイスも出来なかったのだが、私が教えている時は真面目に取り組んでくれるし、礼儀は正しい素直な子なので、割と短期間でもいろいろ覚えてくれたと思う。

なんにせよ、自分もそうだったのでよーくわかるが、やる気が無い人と言うのは誰にも変える事が出来ず、自分で気づくしかないので、やる気があって頭が悪いより大変な物だ。さらに頭が少しキレようものなら、簡単な事を複雑に考えてしまい、より大変な事になる。

そんな話をスリャワンにしたところ。
「ドバイに帰って来たら、もう一人生徒が、待っているよ。それは、僕だー!!それくらいスパルタにやってくれないとね。」

そう、ドバイ世間で非常に多いのが、日本に興味をそこそこもっているので、「日本語教えて」ってすぐ言う人達。が、実際は学ぶ気なんて毛頭ない人。「日本語教えて」といわれたら、正しい返事は「もちろんさ!」といい、軽く流す事である。

スリャワンはそこそこやる気はあるつもりらしいが、一度言っても書き取ったりしないので、何度も同じ事を聞くし、圧倒的に勉強をしないし、たまに教科書を読んでいるかと思えば、10分後には寝ている(マンガ級)それの繰り返しで、喋りたい欲求はあるらしいが、一向に駄目で、本ばっかりぼろぼろでそんな薄さ5mmの本でさえ何も身に付いていないという情けない状況である。

「千夏、僕はね、本を読むと眠くなっちゃうんだよ!!」

と、彼は常々明言する。迷言か・・・

とはいえ、なんといってもそんな人が私のダーリン。いつかはどこかで一緒になりたい。ドバイは嫌。選択肢は、インドネシアか日本だ。が、インドネシアに定住すると、物価の低すぎで私が日本に永久に帰れない恐れがある、それは嫌!!

日本にスリャワンをいつか、連れて行く為に、ここは私が、やるしか無い!!

そんなかれはさしてやる気も無いくせに
「教えてー!最近千夏は教えてくれないよー。」等と文句ばかり言う。
ここははっきり言ってやる!!やる気を出して欲しい為に、はっきり言ってみた。

「だいたいスリャワンは、頭も悪ければ(お世辞にもいいとは言えない事を本人も知っている)、やる気も無いのよ!!」
「其の通りだよ!(何故か自身たっぷり)よくわかってるね!!千夏は最高だよ!!頑張れニッポン!!(全然意味わからん)」

・・・・・・駄目だ・・・天然だ・・・

結局は私の方が妙にやる気を出し、私たちの関係が悪くならないようにと避けていた日本語調教を最近になって始めた。いってもいってもあまり気にしない性格なので、ばしばししばいている。首を絞めたりなどの体罰を含め、授業を続けている・・・いつまで続くかわからないけど・・・。

言語を教える方だって・・・Never give up...!!

e0162920_2111941.jpg



058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2010-03-30 21:12
ドバイの賞味期限と言うのは驚愕である。

卵の賞味期限、一ヶ月!!
そして牛乳は常温ラックで販売。 やはり一ヶ月です!!
マヨネーズ、一年!
スシは一週間!!
高級スーパーで売っている納豆! 一年!!!

おいおい、大丈夫かよ!!と思いながら、怠惰な私はすっかりドバイスタンダードになってしまった。

裕福な日本人からすると、正体不明なアフリカ人やらインドネシア人と言うのは不潔なイメージがあり、そこら中にハエがいても気にしない!土に落ちた物でも食べていたりする!イメージなんて言うのが合ったのだが(酷い偏見)そんなのは全く偏見であり実はかなり神経質に部屋を掃除する民族である。インドネシア人は人によるが、だらしないケニア人と言うのを私は見た事がない。

というわけで、しょっちゅう私はスリャワンに、

「これも悪くなってる、これもだめ!これも、もう食べちゃ駄目!千夏、これは千夏のためなんだよ!不要なものを貯めてはいけません。」

と言って怒られる。

そんな先日、たまには言われる前に冷蔵庫を整理しようと思い、ごそごそあさっているとびっくり、1週間前に買ったゴーヤが・・・!!変色してる!!!

e0162920_1135827.jpg


ちょっと、こんなゴーヤ、見た事ありますか?!
鮮やかに黄色くなって、中の種は真っ赤なんですよ!!日本のゴーヤだったら茶色になって腐るだけなのに!!

これは活気的は発見だから、是非見せてあげようと思い夜中の2時にゴーヤを片手にアパートを飛び出し、二階に駆け上がり、ガイズアパートのドアを開け、神々しいそのゴーヤを右手に高く掲げて言った。

「見て!!これ、すごくない!?」

まず、夜中の二時に唐突に入って来た私がゴーヤを持っているという異常事態に一瞬ガイズもひるんだかと思われたが、一同の頭にクエスチョンマーク。

「ごめん、よくわからないんだけど、それ、新手のギャグなの?」
「腐ったら黄色いに決まってるじゃん」

などなど・・・バリ産のゴーヤとドバイのゴーヤは同じらしい・・・大変がっかりしているとスリャワンが部屋から出て来て私(と腐ったゴーヤ)を発見。

「あ!千夏!声がしたと思ったら、またそんな腐ったもの持って!!貸しなさい!」

ぼてっ・・・!!

「ああー!!」

幻のゴーヤはゴミ箱に落とされた。



058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-11-20 01:18
スリャワンがうきうきしながら部屋に入って来た。

「ねえ、千夏、とってもおいしいバナナをスーパーで見つけたんだよ!!」

とっても顔がうきうきしている彼。相変わらず少々妖精気味です。

「じゃーん!!」

e0162920_1293464.jpg


・・・!!

腐ってんじゃん!!

「腐ってんじゃん!!スリャワン、バナナって言うのは黄色いのを買わないと駄目なんだよ!!黒は腐っているって言う事なんだよ!!」

たまに基礎から説明しないとわかってもらえない事がありますからね・・・

「違いますー!これはおいしいバナナなんですー。」

・・・どうしたらこの可愛いお馬鹿さんはわかってくれるんだろうと思ってひやひやしていると、部屋に彼のルームメイトのウィラワンが。二人で言えばきっとスリャワンもわかってくれる!と思いきや・・・!!

「おお、それはおいしいバナナ!!僕にも分けてくれ!!」

お前も天然かー!!

と思っているとどんどん「おいしいバナナ」を求めてバリニーズガイが集まってくるではないですか!!サルのように!!(酷い)

そう、なんとこれは剥いてびっくり、中は真っ白、品種が違うインドのバナナだったのです!!皮が薄いので身もとっても大きくて、そしてうまい!!これは、うまいぞー!!

「うん、これはうまい!!うまい!!」

と言っているとスリャワンがひと言。

「千夏、猿みたい!うふふふ〜♪」

・・・お前が言うな。

058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-11-11 01:32

一年終了!!

e0162920_20314735.jpg


今月、3日をもって、私、ドバイで一年、乗り切りましたー!!
わーい!! パチパチパチ・・・!!
一年の終わりに書く事は、もう決めていた。

実は!色々と仕事の事や友達の事とか(主にバリニーズガイ)、しょうもないことばっかり書いたけど、この一年、なんと言っても一番頑張ったのは、恋愛でした(笑)趣旨が外れちゃうので書かなかったんですが。

既婚者子持ちに心ときめいてやがて現実を知り、気違いの元彼がドバイまで追って来たり、彼女持ちに恋に落ちて略奪愛を計るも、実は婚約済み。三者面談になった末(世の中、こういうことって本当にあるんだな、って思いました)、やっぱり破れ、狂気が炸裂して泣いて、大騒ぎして、酷く消耗して体調を崩し、救急車まで呼ばれ、スパキング(客室)で人生初のファック・ユーを叫び・・・相棒のめぐたんに

「一体千夏はドバイに何しに来たんだろうね・・・」

と言われる始末(もう、これ、トラジャルの日記じゃないよ・・・)

全力で頑張りました!!(アホか)

そうして一番消耗した時に、実はいつも一番近くにいた親友に、急速に、それでありながら自然に、平和に、深く深く恋に落ちた。

兎にも角にも完璧な人で、私はこの人の欠点を一つだって言えない。

幸せな日々は今もまだ続いている。

今後の事は、なんで?と言われるとコレと言うはっきりした理由は言えないのだけれど、敢えて言うなら、もう少し勉強しようと思い、社員にもなった事だし、私はもう少しドバイに残る事にしました。

元々日本と自分が合ってない!!と思って飛び出した物の一年も立つと、何か自分のハートががガムのような物で日本から引っ張られているんじゃないかと思うくらいに、祖国は恋しい。

でも、もうちょっと、もうちょっと頑張ってみようかと思っている。

ホテルはハイシーズンになり始めて、少し、光が見え始めた。新人が来て、少しずつビジネスが行き交うようにもなってきた。少し涼しくなって来た。ただ、それだけだけど、もう少し光の中にいたいのかもしれない。

なんか、このブログをどうしようかと思ったんですけど(一年経ったし、もうインターンでさえないし。)文章書くの好きなので、ドバイにいる間は勝手に続ける事にしました(トラジャル的にはいいのか?!)

そんなわけでまだまだ宜しくお願いします(そんなに読んでいる人がいるとも思えませんが・・・)ちょっとこれからはもっとプライベートっぽく、ダーリンの話なんかも書こうと思います(いいのか?)

もう勝手にします(あっそ)

仕事の事を書くと、一ヶ月程の長期にわたってビジネスセンターに飛ばされた後、ようやくゲストリレーションに戻りました。相変わらずピンポンボール式に一日に何部署もカバーしますが、そのせいで会社から、日本で言う「縁の下の力持ちで賞」の用な物にノミネートされました・・・。

そして、来年の展望としては、まだまだ未開拓なコンシエルジュに手を付けて、各部署でクロストレーニングを積んで、本をいっぱい読んでもっともっと語学力強化!!を目指します。リスニングスキルも、もっと、もっとー!!

そして、バージュアルアラブでも食事したいし、デザートサファリも行ってないし、あとは頑張って大使館と戦って、なんとかビザを取得し、ダーリンに日本を見せたい!!そしてバリにも突入したい!!

仕事も、プライベートも、どん欲に頑張ります。

では、これからも宜しくお願いします〜。

e0162920_20324439.jpg


058.gifCHINATSUさんが参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp
058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]
by intern5 | 2009-11-03 20:33